お墓について

お墓は一生の買い物です。
購入にあたっては、事前にできるだけ、さまざまな情報を集めてその判断材料とすることをお勧めします。
このホームページでは、お墓のご購入を検討されている皆さまのお役に立つような情報を集めています。
皆さまの参考としてもらえれば幸いです。

お墓デザイン

おおゆ石材店では、種々様々なデザインの中から分かりやすく、
和型 / 洋型 / 和洋型 / オリジナルデザイン / ブランド
の5パターンに分類し、 お客さまにお選びいただくことを心がけております。

お客さまの声

実際に、おおゆ石材店からお墓をご購入頂いたお客さまたちからの声をお届けいたします。 おおゆ石材ならではの品質とサービスについての、貴重な生のご意見をご参考にして下さい。

お墓選びのポイント

石材店の選定に必要な各ポイント、良い墓石を選ぶために注意しておくべき点、 お墓の注文方法や契約の流れ、完成後のチェックポイントまで、わかりやすく解説しています。

お墓ができるまで

実際にどのような工程を経てお墓が完成するのか、写真と説明付きで解説いたします。

よくある質問

「お墓はローンで建てられるの?」「お墓を建てるとき、何が必要なの?」「一度建てたお墓は、どれくらい長持ちするの?」
など、お墓に関する疑問・よくある質問をまとめました。

アフターサービス

おおゆ石材では、お墓を建てていただいた方へ、お墓を綺麗に長持ちさせるためのメンテナンスを定期的に行うサービスを提供しております。
大事な肉親が眠る大切なお墓を永代に引き継ぐために、ぜひアフターサービスをご利用下さい。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

12月13日 有名人のお墓

2018年12月13日

こんにちは(^ω^) 弘前市 おおゆ石材のブログです。

本日は土佐出身の中江兆民の命日です。(明治34年の12月13日没)

中江兆民は、明治時代の日本の思想家・ジャーナリスト・政治家です。長崎・江戸でフランス語などを学んだ後、明治維新後に政府に出仕し、岩倉使節団として採用、哲学、文学、史学を学びました。その後、東京で仏学の私塾「仏蘭西学舎」を設立し、フランスの思想家ルソーを日本に紹介して、自由民権運動の理論的指導者となりました。ルソーの「社会契約論」を翻訳・出版するなどして「東洋のルソー」と評された。

その後、第1回衆議院議員総選挙に当選、第一議会の予算問題で土佐派が妥協したのを憤慨し議員を辞職してしまいました。実業家として数々の事業を行うが失敗に終わり、病気で55歳で死去しました。

中江兆民のお墓は

東京都港区の 青山霊園 にあります。

墓の姿は、石を少しだけ加工した細長い墓石で、自然石に近い石で作られています。

 

 

 

 

人以外の生物のお墓と埋葬2

2018年12月12日

こんにちは。

濡れ雪は重量があるので除雪も大変です。

既に腰が痛いです・・・・。

皆様もどうか無理はしないでください。

 

さて。

今回は前回の続き。

ペットの埋葬について。

 

ペットが亡くなって、自分の家の庭に埋葬しましたという話をよく聞きますが、これは正解です。

私有地の庭に埋葬する、同様に、ペットのお墓を建てるということは可能です。

但し、セントバーナードやグレートデン等の大きな犬種を土葬する場合は、かなり大きく深い埋蔵場所が必要になる為、火葬してからをお勧めします。埋葬穴が浅い場合、野生または野生化した他の生物に荒らされる危険もあるからです。

前回お話した通り、(各自治体によって異なりますが)ペット専用の火葬炉が用意されていたり、個別火葬ができたりするので、遺骨を受け取れる場合もあります。詳しくは各市町村へ問い合わせしてみましょう。

 

いずれにせよ、土地を所有している場合は、自分の土地にペットを埋葬するのは法的に何の問題もないのです。

 

しかし、アパートやマンションの住まいで、庭がないという方も多いでしょう。

次回はそのような場合の埋葬についてお話ししたいと思います。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る