お知らせ

  1. 寿陵のメリット その1

    2018.4.12

    弘前市おおゆ石材のブログこんにちは(^ω^)先日、生前のお墓「寿陵」は宗教的なご利益や縁起の良いというお話しをしましたが他にも 大きなメリットがあります。その1次の世代に負担がかからないいざ、お墓が必要になったときには、時間や費用がかかります。

  2. 終活セミナー

    2018.4.11

    こんにちは。まだ少し肌寒いですね。風邪など体調を崩さないように気を付けて下さいね。さて、今月も第4金曜日に『終活セミナー』を開催予定です!!お墓・お仏壇の事はもちろん、いろいろな供養についてお話しいたします。

  3. ハンガリーの巨大墓地

    2018.4.9

    こんにちは。雨や雪も降って寒い日が続いていますね。服装や食べもの等で寒暖差対策して、元気に過ごしたいですねヽ(^o^)丿 さて。本日は「ペーチ初期キリスト教墓所」について。

  4. 墓石について

    2018.4.8

    おはようございます。本日は墓石についてお話したいと思います。一般的なお墓の構造です。●外柵(境界石)周囲との境界を分けるために墓地の回りを囲んだもので様々な様式があります。●玉砂利墓地内の石のない部分に敷き詰めるものです。

  5. 生きているうちにお墓を建てる方が増えています

    2018.4.7

    こんにちは(^ω^)弘前おおゆ石材のブログ今日は寿陵についてのお話しです。生きているうちに前もって建てておくお墓のことを「寿陵」別名「生前墓」といいます。亡くなる前にお墓なんて縁起が悪い!ということをお聞きになった方もいらっしゃるかと思います。

  6. 「し(4)ろ(6)」の日

    2018.4.6

    こんにちは(´▽`*)弘前市おおゆ石材のブログ今日は4月6日「し(4)ろ(6)」語呂合わせでお城のお話しです。弘前には、弘前藩主津軽家の代々の居城「弘前城」が弘前公園にあります。三層の天守は江戸時代に築かれ現在までその姿を留める、全国でも数少ない貴重な建築物です。

  7. 墓所群

    2018.4.4

    こんにちは。雪の予報が出ていました。さすがに今日は寒いですね(>_<)寒暖差に気を付けて過ごしてください。 さて。本日は「ステチュツィ」について。

  8. 新生活

    2018.4.2

    こんにちは。4月に入り、入学・就職など新しい環境に入った方も多いと思います。不安や期待、いろいろな感情の中で生活しているともいます。不安なこと、困ったこと、ワクワクしたり、良い事があったときなど法要の時に限らず、お墓に行ってお掃除をして、お線香をあげて、、、。

  9. お墓のお掃除とリフォーム

    2018.4.1

    おはようございます。本日はお墓のお掃除とリフォームについてお話したいと思います。お墓をキレイに保つ方法は、何といってもこまめにお手入れをすることでしょう。お墓参りに行ったら故人やご先祖様へ思いをはせる前に、まずお墓をキレイに掃除することが必要です。

  10. 未完のお墓2

    2018.3.31

    こんにちは。相変わらず、風の強い日が続いていますね。洗濯物を外に干す場合は、取り込む時埃や花粉を除くようにしてください。 さて。今回は前回の続き。兵馬俑についてのお話です。

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

寿陵のメリット その3

2018年4月26日

弘前 おおゆ石材のブログ

今日は 寿陵(生前のお墓)のメリットその3

相続税の節約になる

相続税は、お墓やそれにまつわる装飾品などは相続税の対象外にする、とされています。

なので、お墓を相続する場合、他の財産とは違い、相続税はかかりません。

しかし、建てるためのお金を相続するとかかります、お墓の状態で相続するのはかからないということです。

こうしたことから、寿陵を建てておくことは、子供に迷惑をかけないことにもつながります。

相続税がかからないのであれば、寿陵を建てておくというのは節税にもなりますのでオススメです。

 

 

紀元前のお墓1

2018年4月25日

こんにちは。

雨模様で風が強いので、桜の花が心配です(:_;)

一気に散らないことを祈ります。

 

さて。

本日は、スペインのお墓について。

スペインのアンダルシア地方アンテケーラには、ヨーロッパの先史時代を象徴する巨石建造物がドルメン(支石墓)遺跡として2016年に世界遺産登録されています。

今回紹介する一つ目は「メンガ支石墓」。

建てられたのは青銅器時代。紀元前3000年頃といわれています。

外側は土で覆われて遠目には丘のように見えますが、巨石建造物です。

支石墓の名の通り、すべて石で造られていて、巨石の最大級のものは180tと推測されています。

墓内には3本の巨石が石の天井を支えていて、この時代の建築技術に驚かされます。

 

19世紀から始まった発掘作業のなかで、数百体の遺骨発見されていています。

研究によれば支配者階級の墓だったのではというのが有力のようです。

 

 

次回はビエラ支石墓について、少しお話しようと思います(^O^)/

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る