お知らせ

神宿る島につながるお墓4

2018年11月5日

こんにちは。

良いお天気に恵まれましたね。

室内より、屋外の方が暖かいくらいです。

 

さて。

新原・奴山古墳群の続き。

今回は30号墳について。

30号墳は、全長54mの中型の前方後円墳です。

この古墳は非常に保存状態がよい古墳とされていて、前方部は(畑として使われてしまった為)残念ながら平坦な部分もありますが、その他は概ね原型のまま残っていて、現在でも前方後円墳の形をしっかり確認することができます。

調査の結果、6世紀中頃に築造されたと推定されています。

土器の出土はあったようですが、その他の物は確認されていない上に資料も少ないため、謎が多いともいわれている不思議な古墳です。

 

今回はここまで。

次回はまとめとして34号墳~をお話ししたいと思います。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る