お知らせ

お墓はいつからあるの?

2019年8月9日

こんにちは。

今日も津軽地方は暑いです。毎日暑くて体調を維持するのが大変なこの頃です。

皆さんの所はどうですか?やはり暑いですかね。沖縄では台風9号上陸で大変だと思います。また、台風10号の進路が心配ですね。

 

さて、お盆も近いので、今日はお墓がいつごろからあるのかについて書きたいと思います。

お墓の起源は、150万年~50万年前、ネアンデルタール人によって、イランの高地の洞窟に埋葬したのが始まりと考えられています。

ネアンデルタール人は、死者を思う心があったと思われています。日本人の先祖に対しての心と同じですね。

縄文弥生時代~古墳時代にかけてお墓のような物を建てる概念があったようです。村の一角に成人と子供を分けて埋葬していたようです。

これは、青森の三内丸山遺跡や九州の吉野ヶ里遺跡で発掘されて分かっているそうです。

古墳時代以降は、権力者だけがお墓に入り、庶民のお墓はなかったようです。亡くなった捨てたままだったそうです。

 

飛鳥時代~平安時代~鎌倉時代と移り、この頃から武士やそれなりの地位にあった人はお墓を作っていました。

庶民がお墓を作れるようになったには、江戸時代中期になってからのようです。

その頃のお墓は、一人一基でした。今の様に火葬ではなく、土葬だった為と思われます。

 

今のお墓の様に、先祖から代々同じお墓に入るようになったのは、およそ100年前と言われています。大正時代ということになります。

この時代に法律が変わり土葬から火葬になった事を含め、埋葬場所や管理がしっかりしてきた為と思われます。

 

今現在は、そのお墓事情も様変わりしつつあります。時代に合わせ変わる事は仕方がないとしても、先祖や家族を偲ぶ想いは残して行きたいものです。

お盆にはお墓参りをして、ご先祖様とお話をしましょう。

それでは、また機会がありましたら書きたい思います。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

清野袋墓地 和型墓石 桜御影石

2021年3月1日

こんにちは。青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日から3月に入りました。

弘前にはまだ雪が残っていますが、

心なしか春っぽい風が吹いていて気持ちがいいですね。

 

さて、今日は弘前市の清野袋の墓地に建立したお墓を

ご紹介いたします。

伝統的な、落ち着いた和型の墓石です。

 

角の丸みと桜色の石が

柔らかく、優しい雰囲気を思わせます。

 

屋根・ガラス扉付きの香呂は

雨風に強く、

お墓参りのときにローソクの火が消えたり、

線香の灰が風で飛び散ってお墓を汚すのを防ぎます。

 

冬は雪が積もっている間にローソク立などが壊れるのを防ぎ、

夏は香呂内にハチが巣を作るのを防ぐ役割があります。

 

お墓作りの際は、扉・屋根付きの香呂がおすすめです。

 

お墓のことなら、ぜひ大湯石材店へご相談ください。

今日もみなさまのご来店、お待ちしております♪

弘前市 梅林寺 灰御影石 洋型墓石

2021年2月25日

こんにちは、青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日は、弘前市 梅林寺の境内墓地に建立した

I家様のお墓をご紹介します。

どっしりと重厚感のある、落ち着いたデザインの洋型墓石です。

 

人気オプションのベンチが取り付けられています。

 

ベンチの向かい側にあるのは

あとから亡くなった方をお墓に納める際に

お名前を刻む「墓誌」です。

 

拝むスペースが広めにとられており、

左側のベンチに腰掛け、墓誌に刻まれた歴史を見ながら

故人やご先祖様と語り合うようにゆったりとお墓参りができます。

 

また、香呂と花立がスキマなく一体型になっていることで

間に汚れやゴミ、枯れた葉や花びらなどが溜まらず

そうじが簡単にできます。

 

お墓のことでお困りごとがありましたら

いつでもご相談くださいませ(*^^)v♥

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る