お知らせ

お墓にまつわるQ&A

2018年4月15日

おはようございます。

本日は、お墓にまつわるQ&Aをいくつかご紹介したいと思います。

 

Q.良いお墓ってどんなお墓?

.一口に「良いお墓」と言っても、高級な石を使って豪華に仕上げた高額なお墓が良いお墓とは限りません。

しっかりとした施工技術により据付され、何より建立者が納得のいくお墓が「良いお墓」なのではないでしょうか。

 

Q.お墓っていつ建てればいいの?

A.忌明け(四十九日が過ぎてから)以降、一般的には一周忌に合わせて建てる方が多いですが、特に決まった時期はありません。

大切なことは慌てて建てることではなく、経済的に無理をせず納得のいくお墓を用意することです。

 

Q.どんな形のお墓があるの?

A.一般的に棹石が縦長の伝統的な形を「和型」、棹石が横長で彫る文字など比較的自由度が高いものを「洋型」、故人の想いを形にしたものなど、枠に捉われない自由な形のものを「デザイン墓石」と呼びます。

 

Q.好きな文字を彫刻できるって本当?

A.最近では宗派に捉われず、故人を表す文字や、故人が好きだった言葉などを彫刻するケースが増えています。

書体も自由に決めて構いませんが、宗派によっては文字が決められているケースもありますので注意が必要です。また、そのお墓に家族で入ったり、子孫が継承することが分かっている場合は、共にお墓に入る人が「どう感じるか」をよく考えた上で決めましょう。

 

Q.ちょっとした修理でも頼めるの?

A.石が大きく崩壊してしまったわけでなくても、直したい箇所があれば修理をされた方がいいでしょう。

例えば「石が欠けてしまった」という同じ内容の修理でも、程度によって石全体を新調しなければならない場合や、欠けた部分を補修して直すことが出来る場合など様々です。

何か気になることがございましたら是非ご相談ください。

 

Q.お墓のリフォームってできるの?

A.階段の段差を無くしてバリアフリーにしたい、墓石本体に耐震加工を施したい、清掃しやすいデザインに変えたいなど、より安心してお参りができるようにリフォームすることができます。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

新!看板きました!!

2020年9月22日

こんばんは。弘前の大湯石材店です。

今日新しい看板が設置されました(^O^)

楽しそうな岩木山が描かれています!(楽しそうな?カエルもおります!!)

実は当店の墓石展示場からも岩木山が良くみえます。

 

 

 

 

 

天気が良ければはっきり見えます(-_-;)   …ホントです。。

 

 

 

鶴田町妙堂崎 和洋型墓石 灰御影

2020年9月21日

こんにちわ、大湯石材店の花田です。

春もそれなりにですが、秋はやはり花粉が舞うもの。

お彼岸に墓参りに行かれた時、石の表面に白やら黄色やらの粉のような物が付着することが良くあります。

それ自体が石に対して特に悪さをするわけではありませんが、花粉症持ちの方はお気を付け下さい。

―♪―

さて今回は鶴田町妙堂崎に建立された和洋型墓石のご紹介です。

使用石種は灰色の御影石。

和洋型のお墓なので本体の横幅が広く、全体的にもゆとりのあるデザインとなっています。

外柵部分を板石でタイル張りにしているので、雑草対策もばっちりですね。

また、墓石周りをコンクリートでタタキにしているので、実際の大きさ以上に足場周りも広々としています。

複数人で供養に来られても、ゆったりと拝んでいただける仕上がりとなっています。

―♪―

当社展示場では伝統的なものから最新デザインまで、様々なお墓を見ることができます。

ちょっとでも興味がおありなら、いつでも大湯石材店までお越しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る