おおゆ石材について

おおゆ石材は大正12年(1923年)の創業以来、 自然素材の「石」の活用と先祖供養に伴う「和の心」の伝承を通じて、 津軽地域の皆様にたいへんご愛顧いただいて参りました。「墓石」の新規建立工事やリフォーム工事のみならず、アフターメンテナンスも徹底して行い、 「津軽の墓守り」として皆様と一緒に地域の「伝統」と「歴史」を守り続けます。

おおゆ石材の新CMを制作しました

おおゆ石材では、地域最大級の墓石展示場で様々な種類のデザインのお墓をご用意しております。お気軽にお問い合わせください。 >>お問い合わせ

「人」を信(の)ばし 「石」を活かし 「和の心」を伝え 共に栄えん

ご挨拶

数ある石材店の中から、当ホームページをご覧くださり誠にありがとうございます。はじめまして、おおゆ石材、社長の大湯智行です。
おおゆ石材は大正12年(1923年)の創業以来、 自然素材の「石」の活用と先祖供養に伴う「和の心」の伝承を通じて、 津軽地域の皆様にたいへんご愛顧いただいて参りました。「墓石」の新規建立工事やリフォーム工事のみならず、アフターメンテナンスも徹底して行い、 「津軽の墓守り」として皆様と一緒に地域の「伝統」と「歴史」を守り続けます。

“おもい”や“魂”をこめた「墓石」づくり

人は何故お墓参りをするのでしょうか?ご先祖や家族、お世話になった人、著名人のお墓参りするのはなぜ?
お墓に行って手を合わせることにより亡くなられた人の「魂」に触れることができるからではないでしょうか。 肉体は滅びても「魂」は永遠です。故人の“おもい”や“スピリット”を何年経っても感じることのできるシンボルが「墓石」ではないでしょうか。
おおゆ石材はお客様の“おもい”や“スピリット”をこめた「墓石」をこれからも作り続けます。
また、「墓石」はご家族の歴史(ルーツ)を表すシンボルとも言えます。先人のその時代に生きた証が「墓石」であり、故人の「墓石」をつくり「墓石」を受け継いでいくことはご家族の歴史を守っていくことにつながると考えます。 漢文学者の白川静博士は「歴史を忘れた民族は滅ぶ」という言葉をのこしました。
おおゆ石材は「墓石」の新規建立工事やリフォーム工事のみならずアフターメンテナンスも徹底して行い、「津軽の墓守り」として皆様と一緒に地域の「墓石」と「歴史」を守り続けます。

大正時代から続く経験と実績

おおゆ石材は大正12年に創業し、この地域とともに生きてきました。 こうした永年の繁栄は、お客様との細やかな信頼関係により築き上げてこれたものと、誇りを持って業務に臨んでおります。
これからも私どもは広くお客様に喜んでいただけるお墓を残していきたいと思っております。 お墓のことでお悩みの方がいれば、親身になってご相談にのらせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

地域最大の展示数

地域最大級114基を常時展示しています。毎日きれいに掃除して皆様のお越しをお待ちしております。
冬でも展示しておりますので、ぜひお気に入りのお墓をお探しください。

心のこもった温かい手書き文字

おおゆ石材では、お墓に刻む文字を定型の書体ではなく職人が1つ1つ手書きします。墓石へ文字を彫る作業も自社内で心を込めて対応しております。
心のこもったお墓で供養をしませんか。

お墓ディレクターによる安心サポート

お墓のことについて適切なアドバイスができる日本石材協会認定の資格(お墓ディレクター)を持ったスタッフが、 皆様の疑問・相談に対応させていただきます。
お墓以外にもキリスト教など仏教以外の宗教や仏事についてもお気軽にご相談下さい。

県内で当社だけ!ISO 9001:2015取得運用

ISO 9001とは品質マネジメントシステムの国際規格です。当社の品質管理マニュアルは国際規格に合格し、適切に運用しています。
さらに国際規格を 取得しただけではなく、マニュアル通りに行われているかどうか、年に1回外部審査によって厳しくチェックされています。
これによりマニュアル通りに工事施工を行い、お客様に良いお墓を提供させていただいております。

ISO 9001:2015取得運用

津軽で初!墓石の天災補償付きサービス提供!

おまいりまもり

日本は自然災害大国です。これまで、ご先祖様が眠る墓石が災害で壊れたときの修理は全て、 ご家族の自己負担でした。「おまいりまもり」は、万が一地震や台風などによる水害などの天災の 被害にあった場合に、墓石の再購入・修復費用を補償するサービスを組み込んだ、業界初の「墓石の天災補償付き生活サポートサービス」です。 お墓の安心と、家族みんなの豊かな生活をご提案いたします。

毎年1基ずつ地域への恩返し

おおゆ石材では、記憶・想いを永遠に残すお手伝いをするべく、地域貢献活動として毎年1基、石像を寄贈しております。 詳しくは下記ページへ

記念碑・石碑

お客様への10の安心宣言

おおゆ石材では、お客様のお墓についてのお悩み・不安を解消し、安心して購入いただくために以下に掲げる「10の安心宣言」をしております。 まずはお気軽にご相談ください。

お客様への10の安心宣言

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

戦国武将のお墓

2018年2月23日

こんにちは。今回は、戦国武将のお墓をご紹介いたします。

最上義光 (1546~1614)享年69歳

戒名 光禅寺殿玉山道白公大居士 命日 旧1月18日新2月26日 死因 病死

お墓の場所 山形県鉄砲町2-5-7 光禅寺 最上家3代の菩提寺

人物プロフィール

最上家第11代当主。出羽山形藩初代藩主。妹・義姫は伊達正宗の母になる。15歳のときに初陣を飾り、元亀2年(1571)父・義守から

家督を継ぐと、義光は最上宗家再興の為に一族や国人を次々に粛清した。

豊臣政権になると総大将・豊臣秀次の側室に娘の駒姫をさしだす。しかし、秀次が秀吉に自害させられると、駒姫も処刑された。

関ケ原の戦いでは東軍につき、直江兼続と戦い、最上家を57万石の大名に成長させた。

晩年、徳川家康の意を受けて、長男・義康を自害させたことから「お家騒動」がおこり、結局、最上家は取り潰されることとなる。

 

(戦国武将お墓参り手帖から引用)

墓地に潜む危険

2018年2月21日

先日、長野県で保育園に通う男の子が

倒れてきた墓石の下敷きになり重体となってしまったニュースをみました。

非常に悲しいニュースです。

 

ニュース等の映像を見る限りだと墓石は100キロは超えていると考えられます。

その石が、園児を襲ったのです。

これは、単に園児が墓地に行ったことに保育士が気づけなかったという問題ではありません。

 

ふつう、石と石は動かないように接着していますが今回の場合は

接着されておらず簡単にぐらついてしまうような状況だったと聞いております。

 

このような小さな子供でも動かすことのできる、古くて接着が不十分な墓石は他にもたくさんあると思います。

これは子供だけではなく、男女年齢問わず、大きな怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれません。

そういった墓石にお心当たりのある方は、お近くの石材店に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

でも、お墓の所有者がいるお墓はまだ対策出来るとして

無縁墓(墓守する人がいない、放置されてしまっているお墓)はどうするのでしょうか・・・

 

市町村が管理していくのか、自治体が管理していくのか・・・

 

 

今まさに、墓石の今後のあり方が問われるところにきております。

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る