お知らせ

歴史と石

2019年5月3日

こんにちは。

GW後半突入ですね。

天気の良い日が続くようなので、お出かけの方は楽しめそうですね。

 

さて。

GWなので、どこも様々なイベントや展示を催していますが、世界に誇れる三内丸山遺跡では6月9日まで「黒曜石 縄文の色展」が開催されています。

黒曜石とは、火山岩の一種です。

名前の通り黒い石で光沢があり、割れ口は鋭くなります。

切る・刺す等の道具には最適で、テレビなどで見るナイフや鏃(やじり)等がわかりやすい例かと思います。

県内では西海岸(深浦等)や戸門地区(青森)等で発見することもできますが、性質的にこれらの加工品には向かない為、三内丸山の縄文人は他の地域(※)のものを使用していました。

(※成分解析によって原産地の推測ができます)

実は交易もしていた縄文人。北海道をはじめ、長野、新潟、山形等日本海側を中心に展開していたようです。

 

黒曜石の石器は宝石の様で本当に綺麗です。

あの造形は職人の仕事ではないかと思うのです。

その頃から石の職人は存在していたのではないかと想像すると、石屋としては考えさせられるものがあります。

 

歴史と石。

このGWで見て、考えて、学習してみるのも面白いかもしれませんよ(^o^)/

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

花立の工夫

2020年5月24日

こんにちは。

まだまだ日によって天気や気温の差がありますが、体調を崩さないよう気を付けながら今日も一日頑張りましょう。

さて今日はお墓のご案内をする際、意外と驚かれる点を一つご紹介。

お墓には花を活ける花立がありますが、実は最近のものには裏側に水抜きが付いています。

今のお墓は花を活ける時に金属製の専用カップを使うのですが、カップはお手入れし易いように取り外しできるようになっています。

そのため、花立本体に雨水などが溜まらない様に目立たない部分に水抜き穴を開けています。

この一つの工夫で、水汚れだけでなく冬の凍害も防げるので何気に大切な加工ですね。

お墓も日々、より使いやすく長持ちするように進化しています。

興味が出ましたら、ぜひ一度お声かけください。

弘前 青森 最新お墓建立情報

2020年5月23日

こんんちは。

今日の空は、どんよりした雲に覆われていますね。

でも、まずまずの天候です!

今日のお知らせは、

お墓の改葬(移転)工事です。

お客様から、お墓の移転のご相談をいただきました。

今現在、関東にお住いの方で、

今後、お墓の維持管理と利便性を考えて、

お寺様に実情をご相談、打ち合わせを重ねて、

昔からの町内の共同墓地から、

お寺の境内に移転した方がいいのではないか、

との事でのご相談でした。

今現在のお墓の土台石(外柵石)はかなり大きく、

境内の墓地サイズにカットする必要がありますが、

使用している石材をそのまま使用して

移転することができました。

お客様から、移転のついでに墓石の再磨き仕上げと

香呂を扉付きのタイプにリフォームしての

完成です!

使用している石材は、国産の石材なので、

稀少価値もあり、

ピカピカになったお墓を見た

お客様に、大変喜んでいただきました。

近年、お墓の改葬(移転)や墓じまいの

ご相談が多くなっています。

それぞれのご家庭の実情をお聞きし、

色々なプランをご提案させていただきます。

まずは、お電話を!!

お待ちしております。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る