お知らせ

接ぎ木をする老僧【お知らせあります】

2018年11月24日

おはようございます。青森県弘前市 大湯石材店のブログです♪

 

今日はいよいよ雪かきをせねば。と思い、朝から雪かきのスコップを持って濡れ雪と格闘してきました。

濡れ雪が重くて大変でしたが、近所の方と「おはようございます!」と笑顔であいさつできたので爽やかな気分で雪を片づけることができました(*´﹀`*)

 

さて。今日はすこーし小話とお知らせをひとつしたいと思います。

下に嬉しいお知らせがありますので、ぜひ最後までお付き合いください。


【小話】接ぎ木をする老僧

谷中の里に古びた寺があった。寛永(一六二四~一六四四年)の頃、将軍とお供の者が鷹狩の帰りにこの寺に立ち寄られた。ちょうどそのとき、八十歳になろうかという老僧が庭で接ぎ木をしていた。将軍が「何をしているのか?」と聞いた。老僧は「接ぎ木をしています。」と答えた。

すると将軍は笑って言った。

「あなたは年老いているので、今、接ぎ木をしても、この木が大きくなるまで、命が続いているかどうかは分からないだろう。だから、そのように心をこめてやる必要はあるまい。」

 

これに対して老僧はこう答えた。

「よく考えてみてください。今、接ぎ木をしておけば、後世の代になってどれもが大きく育っているでしょう。そうすれば、林も茂り、寺もなんとかやっていけるでしょう。私は寺のためを考えてやっているのです。決して私一代のことだけを考えてやっているのではありません」と言った。

これを聞いた将軍は「老僧が申す事はまことであり、もっともなことだ」と感心された。

 

引用『ものの見方が変わる座右の寓話』戸田智弘・著 出版社:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン)p278


はい。

「次の世代につながる生き方をする」というテーマの小話でした。

 

自分は消えても『他人』はある。その『他人』につなげていくことが自分の人生だという考え方は、美しい。一代完結の自分の人生に不安を感じるのは、この『他に及ぼす』を欠落させてしまった結果ではないのか、などと思うわけである」(橋本治『考える人』二〇〇五年冬号)”

 

ドイツのルターの言葉とされる伝説の格言にも、似た言葉があります。

たとえ明日世界が滅びることを知っていても、私は今日、なおリンゴの若木を植えるだろう」”

…何が起ころうとも、自ら希望の芽を摘むことはせず、するべきことを放棄せずに淡々とこなしていく信念を表しているそうです。

 

 

人は、遅かれ早かれいつかは必ず亡くなることを私達は知っています。生きていく中で様々なことがあり、大きな不安に包まれることもあるでしょう。希望など持っていられるかと、投げやりになることもあると思います。

それでもなお、人生に希望を持つことは必要です。希望は誰かから与えられるものではなく、人が作り出すものです。希望の芽は、「他人」に伝えることで植えられ、育っていくのかも。…なんて思います。


いかがでしたか?

大切な想いや形を繋げていくという考えはお墓に通ずるところが多い考え方だなあ、と思いご紹介させていただきました。

次につながる何かを信じ、今自分にできることを考えて日々を過ごしたいものですね(*´꒳`*)

 

…はい。

今、自分にできること。

早速、考えてみました。

 

!!お知らせがあります!!

 

「ありがとう仏壇」「ストーンマルシェ」では、11月20日(火)~1月20日(日)まで在庫処分セールを開催中です♪

ありがとう仏壇では、仏壇・仏具が特別価格からさらに10~20%OFF!

ストーンマルシェでは、パワーストーンやヒーリングアイテム・雑貨等が10~50%OFFとなっております♪

 

1年に一度の大セール。今が本当にお買い得です!

おおゆ新聞を受け取ったお客様にはさらに嬉しい情報が書いてあるかもしれませんよ♪

 

ぜひお手紙が届いているかチェックしてみて下さいね!

 

そして商品は在庫限りの早いもの勝ちとなっております。

良いものが欲しい方はお早めにお買い求めください。

 

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております♡

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

ユネスコ無形文化遺産10

2019年4月25日

こんにちは。

ここ数日の暖かい気候から一転、雨模様ですね。

気温が下がると桜やその他の花が長持ちしてくれるので、津軽の各観光地にはありがたいことです。

 

さて。

今回はユネスコ無形文化遺産来訪神、最後の紹介。

沖縄県宮古島市「宮古島のパーントゥ」です。

島のふたつの地区で行われますが、今回は北部島尻地区で開催される祭りについてです。

どの地方でも、来訪神は厄除けや無病息災の願いが込められています。

パーントゥも同じで、起源は数百年前まで遡ります。

昔島に黒と赤の仮面が流れ着き、島の村人が来訪神としてそれを信仰しはじめ、ある時、村の若者がその仮面を付けてンマリガー(神聖な泉)の底の泥を身体に塗って集落を回ったのが始まりではないかといわれています。

パーントゥは集落を回る際、人、家、物等へこの泉の泥を塗ります。本当に容赦がありません。

祭りの風景を見ましたが、お巡りさんとパトカーがセットで泥だらけにされていました(笑)

 

ユネスコ無形文化遺産の来訪神については、どこの地域でも後継者不足や祭りの趣旨の理解不足等で様々な問題が起きています。

来訪神に限りらず、全国的に地域の「祭り」自体が縮小される傾向にあります。

娯楽が多様化された現在は、祭りでなくても楽しいことはたくさんありますが、地域・日本の文化として、伝統は大事に守っていくべきことと思います。

なぜ来訪神がうまれたか、祭りがはじまったか。

時代が変わっても、根源を理解すると、人としての大事なものがみえてくるのではないでしょうか。

香呂選びのおすすめポイント

2019年4月24日

おはようございます。

青森県弘前市 おおゆ石材のブログです。

 

暖かくなって気持ちの良い日ですね。

弘前公園の桜はだいぶ咲いている様子。たくさんの人でにぎわっているようで

いよいよ春だなあ…と思います。

 

さてさて。

本日は「香炉」選びのおすすめポイント【前半】をご紹介していきます。


■香炉とは

お墓参りをするときに、お線香やローソクを立てるところです。

 

今日は、こちらの香炉のおすすめポイントをまとめてみようと思います。

 

*おすすめポイント その1*扉がついている

青森県津軽地方は、冬に降雪がみられる地域です。

扉がついていることで、冬の間に香炉内に雪が入りづらくしたり

風除け・雨除けの効果を高めたりすることができます。

特にお墓参りのときの風除け・雨除けの効果を高めることにより

お参りしやすい仕様になっています。

 

*おすすめポイント その2*扉にガラスがついている

屋根・扉付きの香炉の中は、ハチなどの虫にとっても過ごしやすい場所となり

まれに香炉内にハチの巣を作られてしまうことがあります。

扉にガラスを貼り付けることで、扉のすき間からハチが侵入しないようにする

ハチの巣対策ができます。

 

*おすすめポイント その3*扉のストッパー付き

扉にストッパーがついていることで

扉が勝手に開いてしまわないようにしています。

取り外しも簡単です。


いかがでしたか?

 

今回は当社展示品墓石の香炉のおすすめポイント【前半】のご紹介でした。

次は、香炉のおすすめポイント【後半】をご紹介いたします。

 

お墓選びの際には、実際にお墓参りをするときの使い勝手など

想像しながら選ばれるのもよいかもしれませんね♪

 

では、本日もよい一日をお過ごしください。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る