お知らせ

接ぎ木をする老僧【お知らせあります】

2018年11月24日

おはようございます。青森県弘前市 大湯石材店のブログです♪

 

今日はいよいよ雪かきをせねば。と思い、朝から雪かきのスコップを持って濡れ雪と格闘してきました。

濡れ雪が重くて大変でしたが、近所の方と「おはようございます!」と笑顔であいさつできたので爽やかな気分で雪を片づけることができました(*´﹀`*)

 

さて。今日はすこーし小話とお知らせをひとつしたいと思います。

下に嬉しいお知らせがありますので、ぜひ最後までお付き合いください。


【小話】接ぎ木をする老僧

谷中の里に古びた寺があった。寛永(一六二四~一六四四年)の頃、将軍とお供の者が鷹狩の帰りにこの寺に立ち寄られた。ちょうどそのとき、八十歳になろうかという老僧が庭で接ぎ木をしていた。将軍が「何をしているのか?」と聞いた。老僧は「接ぎ木をしています。」と答えた。

すると将軍は笑って言った。

「あなたは年老いているので、今、接ぎ木をしても、この木が大きくなるまで、命が続いているかどうかは分からないだろう。だから、そのように心をこめてやる必要はあるまい。」

 

これに対して老僧はこう答えた。

「よく考えてみてください。今、接ぎ木をしておけば、後世の代になってどれもが大きく育っているでしょう。そうすれば、林も茂り、寺もなんとかやっていけるでしょう。私は寺のためを考えてやっているのです。決して私一代のことだけを考えてやっているのではありません」と言った。

これを聞いた将軍は「老僧が申す事はまことであり、もっともなことだ」と感心された。

 

引用『ものの見方が変わる座右の寓話』戸田智弘・著 出版社:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン)p278


はい。

「次の世代につながる生き方をする」というテーマの小話でした。

 

自分は消えても『他人』はある。その『他人』につなげていくことが自分の人生だという考え方は、美しい。一代完結の自分の人生に不安を感じるのは、この『他に及ぼす』を欠落させてしまった結果ではないのか、などと思うわけである」(橋本治『考える人』二〇〇五年冬号)”

 

ドイツのルターの言葉とされる伝説の格言にも、似た言葉があります。

たとえ明日世界が滅びることを知っていても、私は今日、なおリンゴの若木を植えるだろう」”

…何が起ころうとも、自ら希望の芽を摘むことはせず、するべきことを放棄せずに淡々とこなしていく信念を表しているそうです。

 

 

人は、遅かれ早かれいつかは必ず亡くなることを私達は知っています。生きていく中で様々なことがあり、大きな不安に包まれることもあるでしょう。希望など持っていられるかと、投げやりになることもあると思います。

それでもなお、人生に希望を持つことは必要です。希望は誰かから与えられるものではなく、人が作り出すものです。希望の芽は、「他人」に伝えることで植えられ、育っていくのかも。…なんて思います。


いかがでしたか?

大切な想いや形を繋げていくという考えはお墓に通ずるところが多い考え方だなあ、と思いご紹介させていただきました。

次につながる何かを信じ、今自分にできることを考えて日々を過ごしたいものですね(*´꒳`*)

 

…はい。

今、自分にできること。

早速、考えてみました。

 

!!お知らせがあります!!

 

「ありがとう仏壇」「ストーンマルシェ」では、11月20日(火)~1月20日(日)まで在庫処分セールを開催中です♪

ありがとう仏壇では、仏壇・仏具が特別価格からさらに10~20%OFF!

ストーンマルシェでは、パワーストーンやヒーリングアイテム・雑貨等が10~50%OFFとなっております♪

 

1年に一度の大セール。今が本当にお買い得です!

おおゆ新聞を受け取ったお客様にはさらに嬉しい情報が書いてあるかもしれませんよ♪

 

ぜひお手紙が届いているかチェックしてみて下さいね!

 

そして商品は在庫限りの早いもの勝ちとなっております。

良いものが欲しい方はお早めにお買い求めください。

 

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております♡

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

おひとり様のお墓事情

2019年2月16日

おはようございます。おおゆ石材店のブログです(*´﹀`*)

 

今日は朝から少しおひさまが出て穏やかなお天気。

といってもやはり寒いことには変わりないですね。

みなさんお身体には気を付けてお過ごしください。

 

さて。

近年、人のライフスタイルは多様化し、

核家族化・ひとり暮らしの方が増えてきました。

 

更に高齢化が進む中で、これから他人ごとではなくなるテーマのひとつ。

「おひとり様のお墓事情」

について記事を書いていきたいと思います。


■”お墓を継ぐ人がいない”

単身者の方、パートナーに先立たれた方、子供がいない方など

「お墓を継ぐ人がいないとき、自分が亡くなった後はどうすればいいのか?」

という悩みを抱えている方は少なくありません。

 

そんなとき、生前に自分が入るお墓を用意しておくことをオススメ致します。

 

「生前にお墓を建てるなんて縁起が悪いんじゃ?」と思うかもしれませんが、

そんなことはありません。

むしろ近年では、生前にお墓を建てる人が増えています。

 

■長寿を授かる縁起物、寿陵(じゅりょう)って何?

生きているうちにお墓を建てるお墓を寿陵、あるいは生前墓と呼びます。

朱色で名前が戒名が刻まれているお墓が寿陵です。

 

古来中国では、生前にお墓を建てることが長寿を授かる縁起の良いこととされていました

かの聖徳太子も「日本書紀」などの中で生前に自分のお墓をつくったという記録が残っています。

 

最近では縁起のためだけでなく、人に迷惑かけたくない

または自分の気に入った墓石や場所を選びたいという人

寿陵墓を建てているようです。

 

■話題の”永代供養墓”って?

お寺や墓地の管理者が故人の家族に代わって供養してくれるタイプで、

承継者がいない方に人気があります。

 

ただし、三十三回忌(32年)を過ぎると

他人の遺骨と合わせて埋葬(合祀型)されることが一般的です。

 

生前墓を建てた時は、管理費の支払いや

一定期間を過ぎたら遺骨が他人と一緒に埋葬されることなど、

疑問をひとつずつ解決していくようにしましょう。

 

■ご予算やこだわりでプランを選びましょう

・こだわりを出すことができる”My墓” 「個人墓」

・花や木々に囲まれた「樹木葬」

・自然に還りたい人へ「散骨」(海洋葬、宇宙葬etc.)

・ひとつの碑のもとに大勢の遺骨が一緒に収蔵される「集合墓」

など、

ご自分に合ったプランを選ぶことができるのも魅力です。


いかがでしたか?

今日は「おひとり様のお墓事情」をテーマにしてみました。

 

おおゆ石材店では

お墓ディレクターの資格を持ったスタッフによる無料相談を承っております。

お墓のことで悩み事がある方は、お気軽にお電話やお店でご相談くださいませ(*´꒳`*)

バレンタインデーと分骨

2019年2月14日

こんにちは。おおゆ石材店です

今日2月14日はバレンタインデーですね。

 

発祥はキリスト教の司祭であるヴァレンティヌス(バレンチノとも)を祀った祭事がルーツです。

彼は3世紀頃のローマで、当時禁止されていた兵士の結婚を執り行い、それが元で処刑されました。

それから恋人たちの守護聖人になったとされています。

この話しをご存知の方も多いかとおもいますが、

その後彼の遺骸が聖遺物として7つの教会に納められているのは知っていましたか(?_?)

 

つまり分骨されている訳ですね。

たまに分骨は魂が分かれるから縁起が良くないと言われますが、

しっかり四十九日の法要が済んだ遺骨は魂と体が離れていますので、そんな事はありません。

お釈迦様も分骨されています。

分骨は故人を身近に感じていたい、お寺・お墓が遠い方等が希望される場合が多いです。

昔も今も分骨という供養は故人を想っての事ですね(*´ω`)

 

ちなみに現在は分骨をする場合、分骨証明という手続きが必要な場合がありますので、

納骨先の管理者の方に確認しましょう。(ご自宅に置くのであれば不要です)

 

ではこの辺りで、どうぞ善きバレンタインデーを(^^)/

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る