お知らせ

季節の過ぎる速さに置いて行かれる

2018年8月4日

こんにちは。

青森県弘前市 おおゆ石材店のお墓のブログです(^ω^)

 

連日猛暑が続いていたせいか、あまり気温が下がっている印象はありませんが

ここ2、3日は夜が過ごしやすかったような気がします。

気づけば8月。平成最後の夏も、残暑へと向かっているのでしょうね。

 

さて、今日はそんな「時代の流れや変化」に関する話題を書いていきたいと思います。


昨今、墓石業界のシーンは大きな変化を見せています。

 

終活(自分が元気なうちに自分のお墓や葬儀のことについて前向きに考える活動のこと)などの影響もあってか

デザインとしても「和型墓石」が中心⇒「洋型墓石」や故人にちなんだ「デザイン墓石」などを選ばれる方が増えていたり、

お墓の跡付きがいない問題から、従来の「家墓(家族が代々承継して入るお墓)」だけでなく

「永代供養墓(お金を払って管理してもらえるお墓)」や「樹木葬(植物を墓標とする)」、「墓じまい」などを選ぶ人も増えてきたりしています。

 

このように、お墓に関して様々な選択肢が増えたことによって

私たちはより自由に自分の人生をデザインできるようになったといえるでしょう。

 

ですが、新しい情報を取り入れるということはとてもエネルギーを使うことです。

「あれもこれも新しいものだらけで、私にちょうどいいものは何なのかがわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そうなのです。

「終活」という言葉自体は世間でも徐々に浸透を見せていますが、私たちは普段から自分の「最期」についてじっくりと考えることはあまりありません。

普段の私たちにとって「お墓」というものは、当たり前に生活の中にあるようで、とても遠いところに意識があるように思います。

 

しかし、悪い知らせは急に訪れるもの。

日常の中に突然「お墓」という文字が突き付けられる状況になると、悲しい気持ちに加えて、慣れないことの連続でとても疲れてしまうものだと思います。

そのような状況になったとき「今はこういうものがあって、ああいうものがあって、これをああしたくて」というまで行けたなら、それはもちろん素晴らしいことですよ!

でも、「法要やら手続きやらで疲れてしまった。丁度良くやってほしい。」となる気持ちもすごくわかるのです。

 

そんなとき、お客様ひとりひとりの「ちょうどいい」を安心して届けられる石材店でありたいと思います。

「お墓」で困ったら大湯に相談するのがいいよ。そう言っていただけるのが非常に励みになります。

 

アンケートはがきが届いたお客様は、一言でもいいので良かった点などご記入ください。

もちろん、お電話でお客様のお声をいただくのも大歓迎です。

あなたの一言が、私たちを笑顔にしております。いつもありがとうございます。

 

 

まだまだ暑い日が続きそうですが、1年に1度のねぷたの季節。

お身体に気を付けて良い日々をお過ごしください♪

 

では!

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

1月17日 有名人の墓

2019年1月17日

こんにちは 弘前市おおゆ石材のブログです。

本日1月17日は、弘前出身の歌手 井沢八郎さん(1937年~2007年)の命日です。

本名 工藤金一

井沢さんは、弘前市のひとかどの名士の家に生まれ、弘前では中学生の頃から歌唱力は評判だったようです。中学校卒業後、歌手を目指して上京、1963年にレコードデビューを果たし、第三弾の「あゝ上野駅」が大ヒット、この歌は第二次世界大戦後の日本の世相を映す代表曲となりました。

昭和39年は高度成長期、地方から集団就職で都会にやってきた若者たちは、希望と不安を抱えながら長距離列車で東京に来ました。中でも上野駅は東北から上京する時の玄関であったため、「あゝ上野駅」は、東北出身者を中心に多くの人に愛され、人生の応援歌となりました。

その後もヒットを飛ばし、1965年にはNHK紅白歌合戦に初出場、のびやかでハイトーンを特徴する歌声でショーやテレビなどで活躍しました。2007年1月17日、食道癌のため上野の病院で亡くなりました、享年69歳。

井沢さんのお墓は、

東京都八王子市の八王子道玄霊園にあり、お墓には「Global Family 生も歓喜 死も歓喜」と刻まれています。

 

 

 

 

世界のお墓のいろいろ

2019年1月13日

こんにちは、まだ1月半ばだというのに、雪も降らず今日はいい天気です。

さて、今日は世界のお墓のいろいろについて書きたいと思います。

皆さんは、お墓と言うとどのようなイメージがありますか?

日本人だと大抵は墓石(石で作った墓)を置いているイメージで、アメリカやヨーロッパなどは、十字架や白い大理石の墓石を置いてあるイメージではないでしょうか。

墓石を置く国は、日本の他、中国があります。韓国は土が丸く盛られた土饅頭型のお墓です。台湾では、色とりどりのお家のようなお墓が建っています。インドでは、お墓がほとんどなくお骨は聖なるガンジス川へと流すそうです。このように、アジア地域でも様々なお墓や墓地事情があるようです。

アメリカやヨーロッパでは様々な宗教により、それぞれが違っているようです。フランスは土葬が基本で、複数人が入る地下型のお墓があったり、火葬した人(非常に少ない)は小さな墓地に埋めたり、自宅に骨壺で置いておくそうです。イギリスは、たくさんの宗教が混在しているため、教会や霊園などの墓地へ個人または夫婦のお墓に埋葬する事が多いようです。最近では好きだった場所へ撒いてもらう事もあるようです。スウェーデンでは、森の墓地と呼ばれる公営墓地があるそうです。死者は森に還るという生死観があるからだそうです。日本では、死者は土に還るが一般的のようです。

世界には沢山の国があり、様々な生死観があり、宗教によても違いがあります。お墓の建て方や埋葬の仕方の様々なですが、死者が肉体は何処へ還り、魂は何処へ行くという、場所は違えど思いは皆同じように死者に対して敬意を払い敬う事だと思いました。

次回また違った所を書きたいと思います。

今日はこの辺でさようなら。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る