お知らせ

四人の妻

2018年11月30日

おはようございます。青森県弘前市 おおゆ石材店のブログです。

朝から雪模様で冷え込んでいます。体調不良や事故に気を付けたいものですね。

 

さて。今日は「四人の妻」という仏教寓話をご紹介いたします。


昔々、ある国に四人の妻を持つ長者が住んでいた。

一番目の妻は、彼が最も愛する女性だった。どこに行くときも決して離さず、いつも一緒だった。彼女が欲しがるものは何でも買い与え、食べたいと言うものは何でも食べさせた。まるで彼女の言いなりというほどの可愛がりようであった。

二番目の妻は、他の男たちと激しく奪い合い、知恵の限りを尽くした末にやっとのことで手に入れた女性だった。いつも気にかけており、外出する時は片時も離さず、家に帰ってからは鍵のかかる部屋に入れ、勝手に出ていかぬよう見張りまで立てるほどだった。

三番目の妻は、たくさんのお金をかけ、面倒を見てきた女性だった。嬉しいときには喜び合い、悲しいときには慰め合い、励まし合うような仲だった。

四番目の妻は、男にとってほとんど召使いと変わらなかった。彼女は男の意のままに立ち働いた。にもかかわらず、夫からはなんの愛情も受けなかった。それどころか、その存在自体が忘れ去られているようだった。

 

ある日、王様からこの長者に遠い国へ旅するように命令が下った。

そこで長者は一番目の妻に一緒に行ってくれるように頼んだ。しかし、「嫌でございます。どうぞ一人で行ってください」と断られてしまう。

長者は二番目の妻に同行してくれるように頼んだ。しかし、この妻からもつれない返事が返ってくるばかりだった。

しかたなく長者は三番目の妻に話をした。すると「国境まではお見送り致します。でも、そこから先はご一緒できません」という答えだった。

長者はいよいよ困って四番目の妻に頼んでみることにした。すると、「はい、私はあなたと一緒にどこまでも参ります」と言ってくれた。最もひどい仕打ちをした妻がお供をしてくれるという。こうして長者は四番目の妻と共に遠い国に旅立っていくことができた。

 

―引用『ものの見方が変わる座右の寓話』(戸田智弘・著 出版社:株式会社ディスカヴァー・トゥウェンティワン)p282-287

原典:『雑阿含経』


はい。いかがでしたか?

このお話、ただのお金持ちがハーレムを作っているという羨ましいお話ではありません。

 

ある国とは「この世」、遠い国とは「あの世」のこと。

さらに、

一番目の妻とは自分の肉体

二番目の妻とは自分の財産

三番目の妻とは自分の妻(あるいは子ども、兄弟、親類、友人)

四番目の妻とは自分の心を表しています。

 

【一番目の妻】:人が自分の身体を愛する様子は、一番目の妻を愛する様子と変わりません。しかし、死んでしまえば肉体は滅び、やがて灰になり、土になります。

【二番目の妻】:どんなに苦労して手に入れた財産であっても、死ぬときに持っていくことはできません。やがては誰か他人のものになってしまいます。

【三番目の妻】:死ぬときは涙を流して悲しんでくれても、墓場までの付き合いとなります。そこから先は一人旅です。

【四番目の妻】:生きている間、人は目に見えるものだけに一生懸命になり、目に見えない心はいつも後回しにされます。心だけはあの世まで一緒に来てくれるのです。

 

このお話は、心が「あの世」と「この世」をつなぐことを示唆しています。

一番~三番の妻についてはわかりやすく理解することができると思うのですが、難解なのが四番目の妻についてです。

 

この本の筆者は「心」は自分の中に存在するのではなく、自分と他人との関係性に存在するものとして考えています。

自分以外の人や動物、植物との関係を大切にして生きること、優しい気持ちで接することが心を働かせることになる、と。

「この世」で心を十分働かせることができれば、「あの世」に旅立った後も、自分が生前に接した人や動物、植物の中に「よい思い出」として蓄積され、その「よい思い出」は「この世」と「あの世」を繋いでいるといいます。

 

人間が人間に贈る最大の贈り物は『よい思い出』だという話があります。

モノは壊れたり、色褪せたりしてしまいますが、『よい思い出』は壊れたり色褪せたりすることなく、ずっとあり続けるからです。

「思い出」を次の世代に語り継いでいけば、その次の世代にも残るでしょう。

良い思い出を人からもらうようにしなさい。それと同時に、よい思い出を人に与えるような人間になりなさい、と。

 

 

はい。

相手への思いやりと自分の心を忘れないよう、個人的に定期的に読み直したいな、と思ったお話をご紹介しました。

 

今日も寒さに負けず、頑張りすぎず。よい一日をお過ごしください♪

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

1月17日 有名人の墓

2019年1月17日

こんにちは 弘前市おおゆ石材のブログです。

本日1月17日は、弘前出身の歌手 井沢八郎さん(1937年~2007年)の命日です。

本名 工藤金一

井沢さんは、弘前市のひとかどの名士の家に生まれ、弘前では中学生の頃から歌唱力は評判だったようです。中学校卒業後、歌手を目指して上京、1963年にレコードデビューを果たし、第三弾の「あゝ上野駅」が大ヒット、この歌は第二次世界大戦後の日本の世相を映す代表曲となりました。

昭和39年は高度成長期、地方から集団就職で都会にやってきた若者たちは、希望と不安を抱えながら長距離列車で東京に来ました。中でも上野駅は東北から上京する時の玄関であったため、「あゝ上野駅」は、東北出身者を中心に多くの人に愛され、人生の応援歌となりました。

その後もヒットを飛ばし、1965年にはNHK紅白歌合戦に初出場、のびやかでハイトーンを特徴する歌声でショーやテレビなどで活躍しました。2007年1月17日、食道癌のため上野の病院で亡くなりました、享年69歳。

井沢さんのお墓は、

東京都八王子市の八王子道玄霊園にあり、お墓には「Global Family 生も歓喜 死も歓喜」と刻まれています。

 

 

 

 

世界のお墓のいろいろ

2019年1月13日

こんにちは、まだ1月半ばだというのに、雪も降らず今日はいい天気です。

さて、今日は世界のお墓のいろいろについて書きたいと思います。

皆さんは、お墓と言うとどのようなイメージがありますか?

日本人だと大抵は墓石(石で作った墓)を置いているイメージで、アメリカやヨーロッパなどは、十字架や白い大理石の墓石を置いてあるイメージではないでしょうか。

墓石を置く国は、日本の他、中国があります。韓国は土が丸く盛られた土饅頭型のお墓です。台湾では、色とりどりのお家のようなお墓が建っています。インドでは、お墓がほとんどなくお骨は聖なるガンジス川へと流すそうです。このように、アジア地域でも様々なお墓や墓地事情があるようです。

アメリカやヨーロッパでは様々な宗教により、それぞれが違っているようです。フランスは土葬が基本で、複数人が入る地下型のお墓があったり、火葬した人(非常に少ない)は小さな墓地に埋めたり、自宅に骨壺で置いておくそうです。イギリスは、たくさんの宗教が混在しているため、教会や霊園などの墓地へ個人または夫婦のお墓に埋葬する事が多いようです。最近では好きだった場所へ撒いてもらう事もあるようです。スウェーデンでは、森の墓地と呼ばれる公営墓地があるそうです。死者は森に還るという生死観があるからだそうです。日本では、死者は土に還るが一般的のようです。

世界には沢山の国があり、様々な生死観があり、宗教によても違いがあります。お墓の建て方や埋葬の仕方の様々なですが、死者が肉体は何処へ還り、魂は何処へ行くという、場所は違えど思いは皆同じように死者に対して敬意を払い敬う事だと思いました。

次回また違った所を書きたいと思います。

今日はこの辺でさようなら。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る