お知らせ

お墓事情

2019年9月5日

こんにちは

お墓事情について書きます。

現在のお墓事情は様々に変化してきています。皆さんもテレビ・雑誌等で情報を得られている事でしょう。

お墓は代々引き継がれて来たものから、家族のみや、夫婦のみ、個人だけ入るお墓へと様変わりして来ています。

また、お墓を建てず、永代供養墓(誰でも入れる集合墓)や、樹木葬・散骨葬などお骨を埋めるだけや撒いてしまう。そういう時代に来ています。

このように変化して来た背景には様々な要因があります。

お墓を作っても見てくれる後継ぎ・親族がいない。子供には負担をかけたくない。費用の負担ができない。など他にも要因は沢山あると思います。

それでは、お墓は無くてもいいのでしょうか?

日本では遺体を放置すると、罰せられます。決められた手順で処理しなくてはいけないのです。

そうなると、何らかの埋葬する方法を取らなくてはいけません。

今現在自分で出来る範囲を考え、後に残される人たちの事も考慮しながら、埋葬のかたちを考えましょう。

余談ですが、世界には風変わりな埋葬があります。

鳥葬(チベット)なるもので、鳥葬場へ遺体を置き、ハゲタカについばまれることで死者を弔うやりかたです。

風葬(東南アジア・北米・オーストラリアなど多くの地域)なるもので、昔は日本でもおこなわれていた。遺体を野ざらしにして朽ち果て風化するのを待つやりかたです。

事情はいろいろあると思いますが、何となくこれでは切ない気がします。しかし、このままではそうなりかねないかも知れません。

 

故人をきちんと葬ってあげるようにしていきたいものです。

その意味ではお墓なる印は大切なものになると思います。お墓という物をもう一度考えてみて下さい。また、ご相談下さい。

それでは、またの機会に書きたいと思います。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

花立の工夫

2020年5月24日

こんにちは。

まだまだ日によって天気や気温の差がありますが、体調を崩さないよう気を付けながら今日も一日頑張りましょう。

さて今日はお墓のご案内をする際、意外と驚かれる点を一つご紹介。

お墓には花を活ける花立がありますが、実は最近のものには裏側に水抜きが付いています。

今のお墓は花を活ける時に金属製の専用カップを使うのですが、カップはお手入れし易いように取り外しできるようになっています。

そのため、花立本体に雨水などが溜まらない様に目立たない部分に水抜き穴を開けています。

この一つの工夫で、水汚れだけでなく冬の凍害も防げるので何気に大切な加工ですね。

お墓も日々、より使いやすく長持ちするように進化しています。

興味が出ましたら、ぜひ一度お声かけください。

弘前 青森 最新お墓建立情報

2020年5月23日

こんんちは。

今日の空は、どんよりした雲に覆われていますね。

でも、まずまずの天候です!

今日のお知らせは、

お墓の改葬(移転)工事です。

お客様から、お墓の移転のご相談をいただきました。

今現在、関東にお住いの方で、

今後、お墓の維持管理と利便性を考えて、

お寺様に実情をご相談、打ち合わせを重ねて、

昔からの町内の共同墓地から、

お寺の境内に移転した方がいいのではないか、

との事でのご相談でした。

今現在のお墓の土台石(外柵石)はかなり大きく、

境内の墓地サイズにカットする必要がありますが、

使用している石材をそのまま使用して

移転することができました。

お客様から、移転のついでに墓石の再磨き仕上げと

香呂を扉付きのタイプにリフォームしての

完成です!

使用している石材は、国産の石材なので、

稀少価値もあり、

ピカピカになったお墓を見た

お客様に、大変喜んでいただきました。

近年、お墓の改葬(移転)や墓じまいの

ご相談が多くなっています。

それぞれのご家庭の実情をお聞きし、

色々なプランをご提案させていただきます。

まずは、お電話を!!

お待ちしております。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る