お知らせ

「墓」という字

2019年8月29日

こんにちは。

今日は「墓」という字の成り立ちについて調べてみました。

まず、墓の意味は遺体や遺骨を葬る場所・また遺体や遺骨を葬った場所に立てる

木や石などの建造物の事も言います。

 

語源や由来については諸説あるとのことですが

「果処(はてか)」や「葬処(はふりか)」だと言われてます。

更には、生と死の間が遥かだという考えから

「遥か(はるか)」や「儚し(はかなし)」だという説もあるそうです。

漢字に関しては、墓の「莫(ばく)」の部分は

太陽が草の中に沈んで隠れている示していて

墓には死者を見えなくする盛土という意味があるそうです。

 

今度このうんちくを、あの金八先生のように

誰かに教えたいとおもいます(笑)

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

蓮柄2

2020年5月30日

こんにちは。おおゆ石材のブログです。

浪岡に今月建立したお墓のご紹介です。

竿石には「ありがとう」の文字をいれました。その横に蓮柄をいれています。

彫った所に黒色を入れて鮮明にしています。お墓参りが楽しくなるようなお墓ですね。

こちらのお墓には、2つの家族が共同で入ります。なので、○○家とは彫らないで「ありがとう」をいれました。

このようなお墓の、ご要望は最近多くなっているように思います。

当社では、共同で使用するお墓・ペット墓との組み合わせなど、様々なご要望を叶えたお墓造りを、お手伝いしていきたいと思います。

お気軽にお問い合わせください。

花立の工夫

2020年5月24日

こんにちは。

まだまだ日によって天気や気温の差がありますが、体調を崩さないよう気を付けながら今日も一日頑張りましょう。

さて今日はお墓のご案内をする際、意外と驚かれる点を一つご紹介。

お墓には花を活ける花立がありますが、実は最近のものには裏側に水抜きが付いています。

今のお墓は花を活ける時に金属製の専用カップを使うのですが、カップはお手入れし易いように取り外しできるようになっています。

そのため、花立本体に雨水などが溜まらない様に目立たない部分に水抜き穴を開けています。

この一つの工夫で、水汚れだけでなく冬の凍害も防げるので何気に大切な加工ですね。

お墓も日々、より使いやすく長持ちするように進化しています。

興味が出ましたら、ぜひ一度お声かけください。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る