メインイメージ

どんな形、どんな色があるの?

お墓のデザイン

お墓はあるけれど…

メンテナンスサービス

お墓デザイン

記念碑・石像

お仏壇・仏具

手元供養

ペットのお墓

ご挨拶

大正12年創業の信用と実績で、まごころ込めて対応させていただきます。

数ある石材店の中から、当ホームページをご覧くださり誠にありがとうございます。はじめまして、おおゆ石材、社長の大湯智行です。 おおゆ石材は大正12年(1923年)の創業以来、 自然素材の「石」の活用と先祖供養に伴う「和の心」の伝承を通じて、 津軽地域の皆様にたいへんご愛顧いただいて参りました。「墓石」の新規建立工事やリフォーム工事のみならず、アフターメンテナンスも徹底して行い、 「津軽の墓守り」として皆様と一緒に地域の「伝統」と「歴史」を守り続けます。

おおゆ石材店からお客様への10の安心宣言

お墓の施工メニューと費用の目安

こういったお墓のお悩み、ご相談をよくいただいております

※目安となる参考価格(最低価格)です。ご状況やご希望によってお見積りは変化いたします。実際に現地を確認し、明確なお見積をお出しします。お見積は無料です。お気軽にご相談ください。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

埋設土器~子供のお墓~

2018年1月22日

こんにちは。寒気と暖気の繰り返しで体調管理も大変ですが、手洗いうがいを心がけて元気に過ごしたいですね。

 

さて。

今日は青森市にある特別史跡の三内丸山遺跡のお墓事情についてお話ししたいと思います。

縄文時代から死者を埋葬するという概念はしっかり習慣化されていたようです。

大人の墓は、配置も遺体の向きもきれいに整い、現在の墓地と変わらないものでした。

では。

子供の墓はというと。

小さな子が亡くなると、普段生活に使っているような土器に遺体を入れて埋葬していました。

現在のように医療が確立されていない時代なので、赤ちゃんや小さな子供の死亡率は高かったようです。

土器の中からは、丸い小さな石が見つかることが多く、おもちゃを一緒に入れた、神事につかった、等の説があります。

子供の墓は住居の近くにあることがほとんどで、小石同様、子供をおもう家族の気持ちが感じられます。

 

昔の人々の死者への敬いや思い。

私がごちゃごちゃと解説するより、見学に行く方が早いかもしれないです(笑)

冬でもボランティアガイドさんがついて見学できるので、興味のある方は三内丸山遺跡に是非出かけましょう。

かなり寒いので、防寒はしっかりお願いします(・ω・)ノ

 

徳川家のお墓について

2018年1月21日

おはようございます。

今日は、朝から雪が降りやまずドンドン積もっています。雪片付けをしましたが、あっという間にまた、降り積もっています。

皆さんの所はどんな天候でしょう。いい天気だといいですね。

 

今日は雪で寒い日ですが、2年ほど前に行って見た、増上寺の中にある、徳川家霊廟について書きます。

増上寺は、東京タワーの近くにあるお寺です。毎年箱根駅伝の時に紹介されていますので、おわかりの方もおられると思います。

そこに、徳川将軍15代のうちの、6人が葬られている、お墓があります。

2代徳川秀忠・6代徳川家宣・7代徳川家継・9代徳川家重・12代徳川家慶・14代徳川家茂の6人です。

お墓を見るには、拝観料が必要ですが、中に入りますと整然とお墓が左右・正面に並んでいます。見ていると何とも言えない静寂さを感じました。

ここには、将軍家のお墓の他に、合祀塔もあり中には沢山の正室・側室の方が祀られています。そのようなお墓を眺めていると、時代劇でしか見たことがないものが、現実に見たような気になったのを、覚えています。静寂の中に、現実と幻が入り乱れているような言葉で言えない気分を味わえました。

増上寺は徳川家の菩提寺ですが、空海の弟子、宗叡が建立した光明寺が前身だそうです。菩提寺となった理由は歴史上、必ずしも明らかでないようですが、一説には、徳川家康が江戸入府の時、たまたま増上寺の前を通りかかり、源誉在応上人と対面した事が、きっかけで菩提寺となったようです。偶然とはいえ、巡り合いというのは不思議なものですね。

私は時折、古い歴史に関わるものに触れることがありますが、時間とお金があったら、もっと沢山見たり、触れたりしたいものだと思います。

みなさんも、どうですか。歴史に触れることもいいものですよ。

それではまた、機会がありましたら書きたいと思います。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る