メインイメージ

どんな形、どんな色があるの?

お墓のデザイン

お墓はあるけれど…

メンテナンスサービス

お墓デザイン

記念碑・石像

お仏壇・仏具

手元供養

ペットのお墓

ご挨拶

創業93年の信用と実績で、まごころ込めて対応させていただきます。

数ある石材店の中から、当ホームページをご覧くださり誠にありがとうございます。はじめまして、おおゆ石材、社長の大湯智行です。 おおゆ石材は大正12年(1923年)の創業以来、 自然素材の「石」の活用と先祖供養に伴う「和の心」の伝承を通じて、 津軽地域の皆様にたいへんご愛顧いただいて参りました。「墓石」の新規建立工事やリフォーム工事のみならず、アフターメンテナンスも徹底して行い、 「津軽の墓守り」として皆様と一緒に地域の「伝統」と「歴史」を守り続けます。

おおゆ石材店からお客様への10の安心宣言

お墓の施工メニューと費用の目安

こういったお墓のお悩み、ご相談をよくいただいております

※目安となる参考価格(最低価格)です。ご状況やご希望によってお見積りは変化いたします。実際に現地を確認し、明確なお見積をお出しします。お見積は無料です。お気軽にご相談ください。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

大寒の日に!

2017年1月20日

本日1月20日は 二十四節季の24番目に当たる 「大寒(だいかん)」です。

冷気が極まって、最も寒さが募る時期 という意味があり、文字通り一年で最も寒い時期を指します。

大寒の前に暦では「小寒」があります。小寒から立春までの30日間を「寒の内」と言いますが、この寒の内のちょうど真ん中に当たるのが「大寒」です。2017年の小寒は1月5日で、寒の内は1月5日~2月3日です。

ちなみに、寒中見舞いは、この寒の内に届くのが良いそうです。

冬至にはかぼちゃを食べるなど、節季に食べると縁起が良いものがありますが、大寒の日にもあるんです!

「大寒卵」!大寒卵とは 大寒の日に産まれた卵のことです。

現在は品質改良や環境管理のおかげで1年中卵を産むことができるようになりましたが、本来、鶏は冬の間には卵を産みません。その中で、冬に産まれる卵はとても貴重なものでした。

そんな奇跡に近い卵には 冬を越すための滋養がタップリ蓄えられ、厳しい寒さにも負けない強運が備わっているといわれ、健康運や金運を呼び込む縁起物として扱われてきました。

今でも卵は栄養食品ですが、今年は是非 「大寒卵」 を食べて

健康運・金運 アップ させましょう!

その他にも「大寒の日の明け方に汲んだ水」を飲むと、無病息災の祈願になるといわれています。

この寒い時期、パワーのあるものを食べてパワーのあるものを身につけて元気に過ごしましょう

金運・仕事運・健康運・家庭運アップのブレス紹介!

四神獣水晶彫り玉タイガーアイブレス

 

 

 

 

 

毎日、ガンバっています!

2017年1月19日

こんにちは!

いや~、今日のユキは、重いですね!

水分を含んで、どっしりと重く、

腰にきますね!

そんな中、弊社は、どんなにユキが降っても、

それに負けずに、毎日、展示場のユキを除雪しています!

冬期間、いつでもお客様が、安心してお墓をご覧になれるように、

 

全員で除雪作業をしています。

弘前石川バイパス店展示場、浪岡ステーションとも

皆様のご来店を、心よりお持ちしております。

よろしくお願いいたします。

2回目の投稿、川村でした。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る