お知らせ

2説あるようですよ

2018年9月24日

こんにちは。

今日は十五夜ですが、天気が思わしくなく・・・。

昨日のお月さまは綺麗だったのですがねぇ(-_-;)

少しでも見えたらいいなと思います。

 

さて。

本日はお墓ではなく、お仏壇について少し。

日本でのお仏壇の起源ははっきりとはわかっていないようで、有力だとされているのは2説あるようです。

 

ひとつは、持仏堂から変化したとされる説。

平安時代、貴族などの所謂雅な身分の方々のほとんどは持仏堂をもっていたようです。

この時代で有名な「更級日記」の著者、菅原孝標女が薬師仏を造って屋敷のなかに祀ったというのが広がり、堂を小型化したのが仏壇のはじまりではないかというもの。

 

もうひとつは、魂棚から変化したとされる説。

お盆に家の仏様の霊を迎える為の祭壇を魂棚(盆棚・水棚)いい、それをお盆という季節限定ではなく常設化したものが仏壇になっていったのではないかというもの。

 

他の仏教国、例えばタイの場合、寺院が日常生活に密着しているため、自宅に仏壇をおく習慣は少ないようです。

モンゴルの場合、遊牧文化の国であるため、ゲルの中に仏壇を設置するというところもあるそうです。

 

これらのことから、仏壇を家に置くという習慣は、身近なところに先祖を祀るということだけでなく、寺院が自宅から遠いという条件がある場合が多いということなのでしょうね。

 

先祖あっての現代の自分。

お墓や仏壇の起源がどのようなものであったにしろ、先祖を祀るということの大切さは同じです。

 

宗教・宗派問わず、良い風習は受け継がれていってほしいものです。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

清野袋墓地 和型墓石 桜御影石

2021年3月1日

こんにちは。青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日から3月に入りました。

弘前にはまだ雪が残っていますが、

心なしか春っぽい風が吹いていて気持ちがいいですね。

 

さて、今日は弘前市の清野袋の墓地に建立したお墓を

ご紹介いたします。

伝統的な、落ち着いた和型の墓石です。

 

角の丸みと桜色の石が

柔らかく、優しい雰囲気を思わせます。

 

屋根・ガラス扉付きの香呂は

雨風に強く、

お墓参りのときにローソクの火が消えたり、

線香の灰が風で飛び散ってお墓を汚すのを防ぎます。

 

冬は雪が積もっている間にローソク立などが壊れるのを防ぎ、

夏は香呂内にハチが巣を作るのを防ぐ役割があります。

 

お墓作りの際は、扉・屋根付きの香呂がおすすめです。

 

お墓のことなら、ぜひ大湯石材店へご相談ください。

今日もみなさまのご来店、お待ちしております♪

弘前市 梅林寺 灰御影石 洋型墓石

2021年2月25日

こんにちは、青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日は、弘前市 梅林寺の境内墓地に建立した

I家様のお墓をご紹介します。

どっしりと重厚感のある、落ち着いたデザインの洋型墓石です。

 

人気オプションのベンチが取り付けられています。

 

ベンチの向かい側にあるのは

あとから亡くなった方をお墓に納める際に

お名前を刻む「墓誌」です。

 

拝むスペースが広めにとられており、

左側のベンチに腰掛け、墓誌に刻まれた歴史を見ながら

故人やご先祖様と語り合うようにゆったりとお墓参りができます。

 

また、香呂と花立がスキマなく一体型になっていることで

間に汚れやゴミ、枯れた葉や花びらなどが溜まらず

そうじが簡単にできます。

 

お墓のことでお困りごとがありましたら

いつでもご相談くださいませ(*^^)v♥

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る