語源はギリシア語の「死者の都」

こんにちは。

雨が凄いですね。

急に気温も下がったので、体調には気を付けて下さい。

 

さて。

今日はシチリア島のネクロポリスについて。

「パンターリカの岸壁墓地遺跡」はシラクサの古代ギリシアの都市遺跡とともに、2005年に世界遺産登録されました。

紀元前13世紀~7世紀頃までのネクロポリスで、5000以上のお墓があるそうです。

ネクロポリスとは、巨大墓地や埋葬場所のことをいいます。

語源はギリシア語の「死者の都」で、墓所だけでなく、人の住まなくなった都市の事もさすようです。

 

パンターリカは渓谷に囲まれた台地で、自然の地形による古代道もあり、一般の人も比較的近寄りやすいようになっているそうです。

 

土地が広く、お参りしやすい場所を墓地に選ぶという点は、古代人も現代人も埋葬に関し考えることは同じですね。

 

遺跡を見ると、人々の文化や考え方が見えてきます。

歴史は、本当に楽しいですね。

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

おおゆ石材 公式facebookページ