お知らせ

福をください

2019年2月2日

 

こんにちは♪

おおゆ石材店のブログです。

 

今朝はずいぶん風が強かったですね(><)

除雪中に雪かきのスコップが倒れたり、まとめた雪が散らばったりして

大変でした…。

 

さて、みなさん。2月に入りましたね。

 

この時期に食べたいものと言ったら

やっぱり”恵方巻”!

もともとは関西地方で食べられていたものが全国に広まりました。

実は「恵方巻(えほうまき)」という呼び方は比較的最近のもので、セブン○レブンが使用したのが最初なんだとか。

関西では「巻ずし」、関東では「のり巻」と呼ばれています。

 

■いつ食べるの?

2月3日の節分に食べるものとされています。

(明日ですね!)

 

なぜ節分に食べるのか?というと、

節分は立春の前日。旧暦では立春を1年のはじまりとしたため、

大晦日と同じように考えられていたんですって。

 

この日に丸かぶりすると、その年は幸運がめぐってくると言い伝えられています。

 

■今年の方角は?

”恵方”とは一年の福徳をつかさどる年神様、歳徳神がいるとされる方角のことです。

方位は毎年変わりますが、恵方に向かって何かをするといいことが起きるとされています。

2019年の方角は「東北東」です。

 

■恵方巻を食べるルールは?

恵方巻を食べる時間はいつでも良いとされています。

 

食べるときは、縁を”切らず”に福を”巻き込む”ために、

包丁を入れていない太巻きを用意します。

そして、

「願い事をしながら、恵方を向いて無言で食べきる」というのが一般的なルールです。

 

具は七福神にちなんで7種類入れることが多いそうです。

 


いかがでしたか?

 

恵方巻の具の7種類という数字は、七福神にちなんでいたんですね。

 

実は、当店にも七福神にちなんだ人気商品

「三面大黒天(御祈祷済み)」という仏像があります。

 

豊臣秀吉の菩提寺、京都市東山区にある圓徳院の公認の品です!

公認のしるしとして圓徳院での御祈祷を受けており、2枚のお札が付属しています。

天下人を生み出した伝説の仏像をてのひらサイズで再現した公認複製像です。

 

来店されるお客様で気にされて見られていく方も多いです。

 

今年1年の福徳を願い、

ありがたい伝説の仏像に会いにおおゆ石材店に来店してみませんか?

 

今日もみなさんがよい一日を過ごせますように。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

平川市新館共同墓地 洋型墓石 白系

2020年9月25日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

台風が迫り、朝から雨風が強い一日ですね。

九州などにお住まいの方は毎回大変な思いをされると思いますが、どうぞ怪我などには十分お気を付け下さい。

―♪―

さて今回は以前に平川市新館共同墓地に建立されたお墓のご紹介です。

使用石種は白御影石で、こちらはお墓の本体部分が元ある石材をそのまま使っております。

もともとあった外柵部分を撤去して新しく生まれ変わらせる、墓石リフォームというやり方です。

全体の型や大きさを揃えてあるので一体感が生まれています。

また、貼石施工にする事で雑草対策もバッチリです。

―♪―

お墓は新しく一から建てるだけでなく、元あるお墓を活かしてご用意する事も出来ます。

今お持ちのお墓のリフォームや建て直しをお考えの方は、ぜひ大湯石材店までお気軽にご連絡下さい。

完成予想図

2020年9月23日

こんにちわ、大湯石材の花田です。

今回はちょっとしたお話を一つ。

よく、お墓を建立するため来店されるお客様から聞く不安点として

「要望は伝えたものの、いまいち完成形がイメージできない」

というものがあります。

日常的に扱う物でない上に規模やデザインも様々なので、展示品を見るなど以外では当然のご不安だと思います。

そこで大湯石材ではお墓の打合せをする際、お見積りと一緒に完成予想図をお出ししております。(画像はサンプルの為、ぼかしを入れております。)

 

大きさのイメージは実物には敵いませんが、デザインや色合いなどの完成予想はしやすくなるかと思います。

お墓建立のお手伝いの中で、少しでもお客様の手助けになれば幸いです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る