お知らせ

外柵の役割

2019年10月7日

こんにちわ。

ここ数日で朝晩だけでなく、日中も肌寒い日が多くなってきました。

いよいよ冬に向けての準備を本格的に行う必要がありますね…。

みなさんも服装や暖房など、寒さ対策をして体調を崩さないようお気を付けください。


お墓には本体となる石塔部分の他に、土台となる外柵部分があります。

外柵にも色んなデザインのものがありますが、それぞれに共通する役割というか、これを用意するメリットのようなものがあります。

今回はそれをご紹介します。

①雨などによる泥撥ねでの本体の汚れを防ぐ。

お墓の本体部分は色々と細かい彫刻や隙間があり、この部分に汚れがつくとお手入れが大変です。

外柵があることで、本体への泥撥ねが抑えられます。

②納骨堂の位置や入口の高さをあげる。

納骨堂は主に墓石本体より下に設置されます。

そのため土中に埋まる場合が多く、また津軽地方では納骨堂の底部分が土のままであることが多いので、墓地の土の状態次第で水が湧き上がることがあります。

外柵を設置することで土中に埋まる距離が減り、水の沸きを抑えられます。

―――

墓石全体のデザイン性はもちろん、こういった土台ならではの役割もあります。

これからお墓の用意をお考えの方は、よければ参考にしてみて下さい。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

新!看板きました!!

2020年9月22日

こんばんは。弘前の大湯石材店です。

今日新しい看板が設置されました(^O^)

楽しそうな岩木山が描かれています!(楽しそうな?カエルもおります!!)

実は当店の墓石展示場からも岩木山が良くみえます。

 

 

 

 

 

天気が良ければはっきり見えます(-_-;)   …ホントです。。

 

 

 

鶴田町妙堂崎 和洋型墓石 灰御影

2020年9月21日

こんにちわ、大湯石材店の花田です。

春もそれなりにですが、秋はやはり花粉が舞うもの。

お彼岸に墓参りに行かれた時、石の表面に白やら黄色やらの粉のような物が付着することが良くあります。

それ自体が石に対して特に悪さをするわけではありませんが、花粉症持ちの方はお気を付け下さい。

―♪―

さて今回は鶴田町妙堂崎に建立された和洋型墓石のご紹介です。

使用石種は灰色の御影石。

和洋型のお墓なので本体の横幅が広く、全体的にもゆとりのあるデザインとなっています。

外柵部分を板石でタイル張りにしているので、雑草対策もばっちりですね。

また、墓石周りをコンクリートでタタキにしているので、実際の大きさ以上に足場周りも広々としています。

複数人で供養に来られても、ゆったりと拝んでいただける仕上がりとなっています。

―♪―

当社展示場では伝統的なものから最新デザインまで、様々なお墓を見ることができます。

ちょっとでも興味がおありなら、いつでも大湯石材店までお越しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る