お知らせ

初七日法要・忌中法要・年忌法要

2018年5月4日

おはようございます。本日はお墓にまつわる豆知識第二弾‼

『初七日法要・忌中法要・年忌法要』についてお話ししたいと思います

 

初七日法要とは、亡くなった日から数えて七日目に行う法要のことを言います。

故人が三途の川のほとりに辿り着くのがこの日とされており、緩流(かんりゅう)を渡ることができるようにと法要を行います。しかし最近では、遠来の親戚への配慮から、ご葬儀当日の遺骨が戻ってきたところで引き続き初七日法要を営むことが増えてきています。

 

忌中法要とは中陰の間に営まれる法要のことを言います。

中陰とは一般に四十九日の忌明け法要の日までのことです。初七日法要から始まり、十四日目の二七日(ふたなのか)、二十一日目の三七日(みなのか)と七日おきに続き、四十九日目の七七日忌(なななのかき)で忌明けとなります。

 

年忌法要とは、故人の祥月命日(しょうつきめいにち)に営まれる法要のことを言います。

祥月命日とは俗に言う「命日」のことで、故人の亡くなった月日を指します。

一般的に一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十五回忌・三十三回忌・五十回忌と続き、以後は五十年ごとに行いますが、一周忌の翌年が三回忌、という風に三回忌以降は数え年の数え方に則って行うため、実際の経過年数と一致しないので注意しましょう。

また宗派や地域によって二十年代の法要を二十三回忌・二十七回忌と二度行うところもありますので、ご住職に相談するとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

【お墓に彫る文字】について②

2020年9月20日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

引き続きお墓の文字のお話です。

最近多くなってきました「漢字一文字(二文字)」。
・心 絆 愛 和
・感謝 親愛 悠久

思い入れの深い言葉を皆様彫っていらっしゃいますが、
建てる側の私は「○○家は彫らなくて良いのですか?」と聞いてしまいます。

正面に入れない方がまとまりが良い方があります。

しかし家族以外にお参りに来る人の事を考えると
どのお墓か分かりやすいと安心します。
他にも遠くに住んでる親戚の方も同じです。

花立に彫ったり、表札をつけたりするやり方もあります。

一度彫ったら直せない石への彫刻なので慎重に決めたいですね(^v^)

……前回とほぼ同じまとめ方に(;一_一)

【お墓に彫る文字】について①

2020年9月19日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

お墓を建てたら必ず文字を彫りますが、
「何と彫ったら良いのか?」「これは彫っても良いのか?」
と言う声をよく聞きます。

…何と彫ったら良いかはインターネットで調べるのに任せまして(-_-;)
実際お客様と話し合った例で
・お寺の中に英語は似つかわしくないなぁ
・(村の墓地で)他がお題目ばかりで違う字を彫りにくいなぁ

これは建てる場所によって周りを見てから気づいた事です。
勢いで決めて後から後悔しないよう周りの環境も確認しましょう。
※あまり気にしすぎると彫りたい文字とかけ離れてしまいますので注意!!

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る