お知らせ

ユネスコ無形文化遺産1

2019年1月28日

こんにちは。

寒い日が続いていて、本日も雪が降っています。

濡雪だと重くて除雪も大変です。

関節の弱い方は、無理をしないで作業をしましょう。

 

さて。

今日は、昨年11月29日ユネスコ無形文化遺産に登録された『来訪神 仮面・仮装の神々』について。

『来訪神 仮面・仮装の神々』は全国で10件。

北から順番に紹介していきたいと思います。

 

①秋田県 男鹿市 ナマハゲ

東北人にはなじみのあるナマハゲ。

家々を巡って、人を戒めたり福を運んできたりする来訪神です。

昭和20年頃までは小正月(1/15)に行われていましたが、現在では大晦日に行っています。

 

ナマハゲについての記録は、古いもので江戸時代。

紀行家の菅江真澄が、文政5年に記した「牡鹿乃寒かぜ」に”ナモミハギ”が登場していて、その文章や挿絵からこれがナマハゲではないかといわれています。

 

ナマハゲの起源は諸説あり不明ですが、一番有名なのが「漢の武帝」説(昔話「九百九十九段の石段」)だとか。

 

漢の武帝が不老不死の薬草を求めて来日した(男鹿の地を訪れた)際、五人の鬼を従わせていました。

この鬼たちは武帝のためによく働いていたようですが、彼らの強い希望により、武帝は小正月の一日だけ鬼たちに休みを与えます。

ところが、鬼たちはその一日の休みで里に下り、破壊や略奪行為をはたらきました。

村人たちは武帝に抗議と交換条件を持ちかけます。

「海辺から山頂の五社堂まで、千の石段を鬼たちに築かせてほしい。一番どりが鳴くまでに出来たら毎年ひとりずつ娘を差し出しましょう。出来なかったら二度とこの地に足を踏み入れることのないように」

しかし、村人の読みが甘く、鬼たちは物凄い速さで石段を積み上げます。

九百九十九段まで積まれたとき、焦った村人は、ものまね上手(天邪鬼)に一番どりのまねをさせます。

驚いた鬼は、怒りながらも山へ引き返し、二度と里へは下りなかったそうです。

 

その鬼が五社堂に祀られて、ナマハゲに変化したということらしいです。

 

真相はわからないにしろ、五社堂も石段も残っているので、昔話というのは面白いですね。

 

 

次回は岩手県のお話をしたいと思います。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る