お知らせ

ハロウィン

2018年10月31日

こんにちは(^ω^) 弘前市おおゆ石材のブログです!

本日10月31日は ハロウィン(^◇^)

11月1日に行われるキリスト教の祝日「万聖節」の前夜祭

元々はアイルランドの古代ケルト人の1年の終わりの日で、死者の霊が家族のもとに帰ってくると信じられ、その時に一緒にやってくる悪い精霊や魔物から身を守るために、仮面をかぶり魔除けのたき火を焚いたのがハロウィンのはじまりとされています。

お化けや魔物の仮装をするのは、魔物に仲間だと思わせて魂を取られないようにするため、魔物を怖がらせて追い払うためと言われています。

かぼちゃをくりぬいて中にローソクを灯した「ジャック・オ・ランタン」は、死者の霊を導き、悪い霊を祓うという意味があるそうです。

日本でも、お盆にはあの世からご先祖様が帰ってくるとされ、お墓参りして、ご先祖様に供え物をしてもてなしたり、迎え火・送り火をしたり、盆踊りをしますよね。

現在は、海外でもハロウィンの本来の意味はなくなりつつあり、子供たちがお菓子をもらってまわり、仮装を楽しむイベントになっています。

日本でも、いろいろなハロウィンのイベントが行われますが、本来の意味を分かって楽しみたいですね(^o^)丿

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

完成予想図

2020年9月23日

こんにちわ、大湯石材の花田です。

今回はちょっとしたお話を一つ。

よく、お墓を建立するため来店されるお客様から聞く不安点として

「要望は伝えたものの、いまいち完成形がイメージできない」

というものがあります。

日常的に扱う物でない上に規模やデザインも様々なので、展示品を見るなど以外では当然のご不安だと思います。

そこで大湯石材ではお墓の打合せをする際、お見積りと一緒に完成予想図をお出ししております。(画像はサンプルの為、ぼかしを入れております。)

 

大きさのイメージは実物には敵いませんが、デザインや色合いなどの完成予想はしやすくなるかと思います。

お墓建立のお手伝いの中で、少しでもお客様の手助けになれば幸いです。

新!看板きました!!

2020年9月22日

こんばんは。弘前の大湯石材店です。

今日新しい看板が設置されました(^O^)

楽しそうな岩木山が描かれています!(楽しそうな?カエルもおります!!)

実は当店の墓石展示場からも岩木山が良くみえます。

 

 

 

 

 

天気が良ければはっきり見えます(-_-;)   …ホントです。。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る