adminの記事一覧

  1. お彼岸

    2018.9.22

    おはようございます。本日は『お彼岸』についてお話したいと思います。「春分の日」は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、「秋分の日」は、「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」日として、国民の祝日に定められていますが、「春分の日」と「秋分の日」は、お彼岸の中日でもあります。

  2. 有名人のお墓 9月21日

    2018.9.21

    こんにちは(^ω^)弘前市 おおゆ石材のブログです。今日は 詩人であり、童話作家であり、教師であり、農業科学者でもあった、宮沢賢治が亡くなった日です。宮沢賢治は1896年8月27日、岩手県(現花巻市)に生まれ、闘病の末に37歳で亡くなりました。

  3. エジプト第25王朝の首都の名前

    2018.9.20

    こんにちは。陽が昇りきるまでと陽が落ちてからが寒いですね。空調の調整がとても難しいです。 さて。本日はスーダンの文化遺産「ゲベル・バルカルとナパタ地方の遺跡群」。

  4. 👴敬老の日👵

    2018.9.17

    おはようございます。今日は『敬老の日』。敬老の日のルーツは戦後すぐの1947年(昭和22年)9月15日、兵庫県多可郡野間谷村が敬老会を催した「としよりの日」だと言われています。

  5. 有名人のお墓 9月16日

    2018.9.16

    こんにちは(^ω^)弘前市 おおゆ石材のブログです!今日の有名人のお墓紹介は竹久夢二(1884年9月16日~1934年9月1日 享年49歳)9月16日は竹久夢二の生まれた日です。本名 茂次郎 岡山県生まれ早稲田実業在学中から諷刺画の投書を始める。

  6. 鉄道のない国

    2018.9.15

    こんにちは。朝晩の気温差が激しい季節になりましたね。体調には充分気を付けてください。 さて。今回は1998年に世界遺産登録された「バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群」について。この遺跡があるのは、絶対君主国家のオマーン。

  7. あなたの梵字は?

    2018.9.14

    こんにちは。今日は『梵字』について。 梵字とは、インドで使われるブラーフミー文字を漢字で表現したもので50音、数字、アルファベットごとにあてはめられています。 さて。こちらの『梵字』。

  8. お墓にまつわるQ&A

    2018.9.13

    おはようございます。本日はお墓にまつわるQ&Aをいくつかご紹介いたします。 Q.お墓っていつ建てればいいの?A.忌明け(四十九日が過ぎてから)以降、一般的には一周忌に合わせて建てる方が多いですが、特に決まった時期はありません。

  9. 本日は宇宙の日

    2018.9.12

    こんにちは(^ω^)弘前市 おおゆ石材のブログです。9月12日は宇宙の日1992年9月12日、宇宙飛行士の毛利衛さんがアメリカのスペースシャトル・エンデバーで宇宙に飛び立ちました。その年に科学技術省(現在の文部科学省)と文部省宇宙科学研究所が制定。

  10. 語源はギリシア語の「死者の都」

    2018.9.10

    こんにちは。雨が凄いですね。急に気温も下がったので、体調には気を付けて下さい。 さて。今日はシチリア島のネクロポリスについて。「パンターリカの岸壁墓地遺跡」はシラクサの古代ギリシアの都市遺跡とともに、2005年に世界遺産登録されました。

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お彼岸

2018年9月22日

おはようございます。

本日は『お彼岸』についてお話したいと思います。

「春分の日」は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、「秋分の日」は、「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」日として、国民の祝日に定められていますが、「春分の日」と「秋分の日」は、お彼岸の中日でもあります。

仏教では、ご先祖様のいる世界《極楽》を「彼岸」、今私たちが生きているこの世界を「此岸(しがん)」といい、

「彼岸」は西に位置し、

「此岸」はに位置するとされています。

3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養するようになりました。

お彼岸の期間は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間です。

それぞれの初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、春分の日・秋分の日を「中日(なかび・ちゅうにち)といいます。

お彼岸の期間の7日間は、中日がご先祖様に感謝する日、その前後6日間は、人が生きていく上で良いことと悪いことをきちんと判断し、正しい行いができるようになるための6つの行い

分け与える規律を守る怒りを捨てる努力する心を安定させる智慧(ちえ)をあらわす

を1日に1つずつ行う大切な期間です。

ご先祖様への感謝の気持ちをもって、正しい行いをするように心がけてみましょう。

 

お墓は、ご先祖様が眠るとても大事な場所です。

お彼岸の期間には、家族みんなでお墓参りに行き、墓石を洗い、雑草を抜くなどしてお墓のまわりをキレイにしましょう。

そしてお花やお線香をお供えし、ご先祖様に生まれてきたことを感謝しましょう。

 

 

 

 

 

有名人のお墓 9月21日

2018年9月21日

こんにちは(^ω^)

弘前市 おおゆ石材のブログです。

今日は 詩人であり、童話作家であり、教師であり、農業科学者でもあった、宮沢賢治が亡くなった日です。

宮沢賢治は1896年8月27日、岩手県(現花巻市)に生まれ、闘病の末に37歳で亡くなりました。

仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行い、作品の中にある架空の理想郷に岩手県をモチーフとしてイーハトーブと名付けたことでも知られています。

代表作に「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」「風の又三郎」「雨ニモマケズ」「セロ弾きのゴーシュ」などさまざまな有名な作品があります。

宮沢賢治のお墓は

故郷の岩手県花巻市の身照寺にあります。身照寺には「宮沢賢治墓所」と記された看板があり、誘導通りに進めばたどり着くことができます。

墓所に行くと、宮沢家の代々の墓と五重塔が二つ並んでいます。

宮沢家は浄土真宗でしたが、賢治が日蓮宗法華経に改宗していたため、賢治の父は、賢治の死後、宮沢家の先祖代々の墓をこの寺に移し、賢治を供養するために五重塔を建てました。この五重塔が賢治の供養塔になっています。

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る