お知らせ

産業まつり、ありがとうございました

2018年11月2日

おはようございます。

青森県弘前市の大湯石材店 お墓のブログです。

 

青森県、だいぶ冷え込んできましたね。酸ヶ湯では10月末に雪が積もって除雪作業をしていたようです。

ついにストーブ本格始動、という感じですね。🍁

 

さて、今日は10月26日~28日に行われた【産業まつり】について振り返っていきたいと思います。

 

初日はお天気が良かったのですが、2日目、3日目とあいにくの雨模様となってしまいました(´・ω・`)☂

ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました(人ω・*)

 

今年は

・あったか~い石臼コーヒー

・お墓なんでも無料相談室

・お墓で実際使っている御影石ミニプレート販売

・産業まつり特価セール

・オリジナルちょうちんづくりワークショップ

を行いました。

 

石臼コーヒーは例年通り大盛況!☕

手動の石臼を挽くことができる体験コーナーでは、「これ、大豆も挽けるの?」「結構重たいね~!」「昔はこれ使ってたんだよね」など、年齢層性別問わず、たくさんの方が笑顔で楽しんでくださいました♪ 中にはプロ並みに挽くのがお上手な方もいて、スタッフの方が勉強になりました(人´ω`*)

『30秒間シンギングボウルチャレンジ』(※シンギングボウルというチベット産のリンを30秒間途切れず美しく鳴らし続けることができたらコーヒー1杯無料)では、5名の方がクリアされました👏👏

改めましておめでとうございました!

一緒に撮影させていただいた写真は店内に追って掲示しようと思いますのでお楽しみに。。♪

 

おおゆ石材店のお客様限定プレゼントコーナーでは39名の方にプレゼントをお渡しすることができました。

アンケートのご回答いただいた皆様、ありがとうございました!

 

産業まつりを通して初めてお会いする方と出会えたこと、また再びお顔を拝見することができたお客様がいたこと、すべてに感謝感謝のイベントとなりました。

 

皆さんからいただいた「ありがとう」「がんばってね」の一言、

しかと私達の元気の源になっております。

 

今後とも地域の皆様に支えられながら、

石を通して皆様の生活を豊かにするお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

これからも大湯石材店を宜しくお願いいたします。ではでは♪

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓をお盆まで

2019年6月26日

こんにちは(^ω^) 弘前市石川 おおゆ石材のブログです。

お墓はいつ建てればいいの?とよくご質問を受けます。

お墓を建てる時期について、法律でも仏教古来のしきたりでも特に決まりはないようです。それぞれのご家族の事情に合わせてお墓を建てて差し支えありません。

お墓を建てるタイミングとして一般的には
ご家族の誰かが亡くなった時、現在のお墓の修繕が必要な時、あらかじめ建てておくなど

お墓を建てる時期としては
お盆、秋彼岸、法要に合わせて百か日・一周忌・三回忌など

いちばん多いのが お盆まで

お盆の時期にはご先祖様の霊がこの世に帰ってくるという言い伝えがあり、ご先祖様の霊をお迎えする行事がお盆です。そういうことからお盆までにお墓を建てる方が多いのです。

お盆前までにお墓を建てたいが?日数が?

おおゆ石材は

まだ 間に合います!

お気軽にご相談ください(^o^)/

 

 

 

お墓のあんしん点検

2019年6月24日

おはようございます。

おおゆ石材店のブログです。

 

土日の曇りがちなお天気から一転して

今日はいい天気ですね。

 

大湯石材店では、

今日もお墓のあんしん点検を行っています。

 

今年もあんしん点検のはがきをご覧になったお客様から

「ありがとう」のお声やご連絡が届いております。

 

皆様のお声と笑顔が私達の力になります。

いつもありがとうございます。

 

これから暑くなりますが、

まだまだあんしん点検は続きます!

 

点検スタッフを見かけた際には

ぜひお声がけくださいね(`・ω・´)♪

 

皆様も暑さに負けず、

今日も一日よい日をお過ごしください。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る