お知らせ

焼香・礼拝のしかた

2018年5月14日

おはようございます。

本日は焼香・礼拝の仕方についてお話ししたいと思います。

仏教では、お葬式をはじめ、さまざまなご法要の折に必ずお焼香をします。

これにはお仏前を荘厳することによって敬虔(けいけん)な心をささげるという意味があります。

香は人の気持ちを快くするものですが、それと同時に芳香によって心身を清めるといった意味もあります。

香は仏教だけでなくキリスト教(カトリック)の葬儀でも、前夜式などで用いられいるようです。

 

①遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。

②右手で香をつまみます。

③額のところまで押しいただきます。(浄土真宗では押しいただきません)

④香炉に静かにくべます。

これを宗派で決められた回数行うのですが、二回目からは額で押しいただく必要はありません。

※会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが、宗派問わず慣例化しているようです。

⑤合掌礼拝します。

※お焼香の仕方は宗派などによって違いがありますので、正確にはご導師にお尋ねください。

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

人以外の生物のお墓と埋葬2

2018年12月12日

こんにちは。

濡れ雪は重量があるので除雪も大変です。

既に腰が痛いです・・・・。

皆様もどうか無理はしないでください。

 

さて。

今回は前回の続き。

ペットの埋葬について。

 

ペットが亡くなって、自分の家の庭に埋葬しましたという話をよく聞きますが、これは正解です。

私有地の庭に埋葬する、同様に、ペットのお墓を建てるということは可能です。

但し、セントバーナードやグレートデン等の大きな犬種を土葬する場合は、かなり大きく深い埋蔵場所が必要になる為、火葬してからをお勧めします。埋葬穴が浅い場合、野生または野生化した他の生物に荒らされる危険もあるからです。

前回お話した通り、(各自治体によって異なりますが)ペット専用の火葬炉が用意されていたり、個別火葬ができたりするので、遺骨を受け取れる場合もあります。詳しくは各市町村へ問い合わせしてみましょう。

 

いずれにせよ、土地を所有している場合は、自分の土地にペットを埋葬するのは法的に何の問題もないのです。

 

しかし、アパートやマンションの住まいで、庭がないという方も多いでしょう。

次回はそのような場合の埋葬についてお話ししたいと思います。

シアバターソープ

2018年12月9日

おはようございます。

寒さが厳しくなり、乾燥の気になる季節となりました。

そこで本日は、この季節にぴったりな

「シアバターソープ」をご紹介いたします。

シアバターは、「シアバターノキ」という10m以上で一年中葉っぱをつけている常緑高木の種子から作られます。

ナイジェリアやガーナなど、熱帯アフリカに分布しています。

シアバターの主な成分である

「ステアリン酸」には、抗酸化作用があるので老化防止に◎

「オレイン酸」は、乾燥から肌を守る保湿の効果に◎

そしてシアバターは、融点が人間の体温に近い36℃前後なので、肌にとても馴染みやすく、肌の保護力は他のオイルよりも優れていると言われます。

年齢に関係なく、肌を健やかに保ちたい方はシアバターがオススメ!

洗顔にもボディソープとしてもお使いいただけます。※メイク落としではありません。

そして、ミッシェルデザインワークスのカラフルで目を惹くパッケージデザインで、製品の質だけでなく、見た目のインパクトも◎

シアバターリトルソープ チューリップス

1,080円 (税込) リフレッシングスパ・デリシャスな香り

シアバターソープ ブラックダマスク

2,160円 (税込) ハニーアーモンドの香り

シアバターソープ リッチレッドカラント

2,160円 (税込) 黒すぐりの香り

ソープディッシュ リッチレッドカラント

2,160円 (税込) ソープとお揃いの受け皿

 

クリスマスも近づいていますし、プレゼントにいかがでしょうか。

もちろんご自分用でもOK

シアバターでこの冬を乗り切りましょう♪

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る