お知らせ

手を合わせる

2019年6月14日

こんにちは。

天気が続いていますね。

天気が良いのはいいことですが、雨が降らないと農作物の発育や、乾燥が気になります。

火のもとには充分に気を付けて下さい。

 

さて。

今回は、日本の宗教にまつわる話をほんの一部だけお話ししたいと思います。

 

日本に仏教が伝来したのは飛鳥時代で、百済からといわれています。

それまでの日本は土地土地の神様が信仰されていた時代だったため、大陸からもたらされた仏教に抵抗がある人たちも多くいたようで、文献によると争いもあったと記録されています。

その争いによって最初に持ち込まれた仏像や経典が廃棄されたといわれていて、最初に伝わった仏教がどのようなものだったのか、詳細は不明のようです。

その後、仏教が徐々に広がりはじめた日本ですが、神と仏は同じという信仰が強く、寺院の中に神様が祀られていたり、お宮の中に仏像があったりということがよく見られたようです。

しかし、明治維新により強制的な神仏分離が行われ、現在の神道につながる宗教と仏教とが離されることになったとのことです。

その時、政府の意向をそれぞれの地域でそれぞれの解釈で受け止めてしまった為、破壊された寺院や仏像が多数あり、歴史的価値のあるものも失った事実があります。

明治政府は何故そんな面倒なことを?と現代人は思いますが、不安定な時代背景のなかで、宗教で国を統一化させる、徳川家の否定(※)、などの目的があったようです。(※当時徳川家縁の寺院が役所の様な役割をはたしているところもあった為)

 

どんな宗旨宗派にせよ、心の支えや故人への敬いは同じ。

手を合わせることに何の違いもありません。

お墓はそのツールのひとつ。

思いやりのある純粋な気持ちは、継続させていきたいですね。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

花立の工夫

2020年5月24日

こんにちは。

まだまだ日によって天気や気温の差がありますが、体調を崩さないよう気を付けながら今日も一日頑張りましょう。

さて今日はお墓のご案内をする際、意外と驚かれる点を一つご紹介。

お墓には花を活ける花立がありますが、実は最近のものには裏側に水抜きが付いています。

今のお墓は花を活ける時に金属製の専用カップを使うのですが、カップはお手入れし易いように取り外しできるようになっています。

そのため、花立本体に雨水などが溜まらない様に目立たない部分に水抜き穴を開けています。

この一つの工夫で、水汚れだけでなく冬の凍害も防げるので何気に大切な加工ですね。

お墓も日々、より使いやすく長持ちするように進化しています。

興味が出ましたら、ぜひ一度お声かけください。

弘前 青森 最新お墓建立情報

2020年5月23日

こんんちは。

今日の空は、どんよりした雲に覆われていますね。

でも、まずまずの天候です!

今日のお知らせは、

お墓の改葬(移転)工事です。

お客様から、お墓の移転のご相談をいただきました。

今現在、関東にお住いの方で、

今後、お墓の維持管理と利便性を考えて、

お寺様に実情をご相談、打ち合わせを重ねて、

昔からの町内の共同墓地から、

お寺の境内に移転した方がいいのではないか、

との事でのご相談でした。

今現在のお墓の土台石(外柵石)はかなり大きく、

境内の墓地サイズにカットする必要がありますが、

使用している石材をそのまま使用して

移転することができました。

お客様から、移転のついでに墓石の再磨き仕上げと

香呂を扉付きのタイプにリフォームしての

完成です!

使用している石材は、国産の石材なので、

稀少価値もあり、

ピカピカになったお墓を見た

お客様に、大変喜んでいただきました。

近年、お墓の改葬(移転)や墓じまいの

ご相談が多くなっています。

それぞれのご家庭の実情をお聞きし、

色々なプランをご提案させていただきます。

まずは、お電話を!!

お待ちしております。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る