お知らせ

七夕の日に「お墓参り」?

2018年7月7日

おはようございます。青森県弘前市 おおゆ石材店のお墓のブログです☂

 

各地で豪雨が続いており、避難されている方もたくさんいらっしゃるかと思います…。

地震に引き続き自然災害の被害が相次いでいます。皆様のご無事を祈っております。

 

さて、天気はあいにくですが今日は7月7日。年に一度の七夕ですね(^ω^)♡


「七夕(たなばた)」とは

日本で古来から行われているお祀り行事で、一年間の重要な節句をあらわす五節句のうちのひとつに数えられます。毎年7月7日に願いごとを書いた色とりどりの短冊を笹の葉つるし、おりひめとひこぼしにお願いごとをする慣習が今でも残っていますよね(´▽`*)

七夕の起源には諸説ありますが、「琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれました。(引用ページ:七夕の由来)」というお話が面白いなあ・・・と私は思いました☁☁

そこから淑女星にちなんで裁縫が上達するようにお祈りをする風習が生まれ、やがては裁縫だけでなく芸術や書道の上達を願うようになったそうです。

平安時代に中国から日本にその話が伝わると、宮中行事として七夕が行われるようになりました。雅な人々は食べものを供えて星を眺め、香を焚き、楽を奏で、詩歌を楽しみました。サトイモの葉にたまった夜露を「天の川のしずく」ととらえ、その水で墨を溶き、神聖な木とされていた梶の葉に和歌を書いて願い事をしたそうです。とってもロマンチックで楽しそうなことしてたんですね。「今宵は月が綺麗ですね」と言った人こそいないかもしれませんが、どんなドラマが生まれていたのか想像するだけで面白いです。

江戸時代になり、庶民まで七夕が伝わって全国的に行事として行われるようになると、梶の葉の代わりに短冊に和歌や願いごとを書いて笹竹につるし、星に祈るお祀りへと変わっていきました。

 

沖縄では「お墓掃除をする日」?

沖縄のいわゆる旧盆は「7月13日~15日(または16日)」とされており、7月7日の七夕はご先祖様が帰ってくる直前の行事となります。

先祖供養を極めて大切にする沖縄は、お盆には家族や親族が集まって盛大に宴を催します。そのためお盆を迎える前に掃除をしておくのですが、「亀甲墓」「破風墓」と呼ばれる沖縄のお墓はとにかく大きいので家族総出で清掃に当たる必要があるというわけです。

そのような背景もあってか、沖縄で「七夕」といえば、お墓に眠るご先祖様にお盆の到来を告げ、それに備えてお墓掃除をする日なんですね。(引用ページ:七夕にお墓掃除!?


いかがでしたか?

今回は七夕に関するエピソードをご紹介いたしました。

 

地域も文化も歴史もそれぞれありますが、特別な日にスポットライトを当てて調べてみるのも楽しいものですね(^ω^)

青森のお盆まではあと1か月ほどありますが、少しずつお墓をきれいにする準備を整えてもよいかもしれません。

 

お墓のことで何かお困りごとがありましたら、おおゆ石材店にお問い合わせください。では🎵

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

土用の丑の日

2018年7月20日

おはようございます。

今日は「土用の丑の日」‼ 美味しそうなウナギを想像してしまいます(笑)

そこで、意味や由来について調べてみました。

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。そして、昔の暦では日にちを十二支で数えていました。

つまり「土用の丑の日」とは土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが年に何回かやってきます。

いずれにしても、土用の丑の日「季節の変わり目」といえます。

 

なぜウナギを食べるようになったのか?

ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。

一説によれば「夏に売り上げが落ちる」とウナギ屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、「の日にちなんで『』から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があっことから、

 

「本日、丑の日」

土用の丑の日ウナギの日

食すれば夏負けすることなし

 

という看板を店先に立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか。

ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。土用の丑の日は季節の変わり目にあたる為に体調を崩しやすいので、夏バテ防止にはピッタリの食材といえるでしょう。

 

ウナギ以外にも「」のつく食べ物がよいといわれます。「の日」の「」ですね。

例えば、うどん・ウリ・梅干し・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。

いずれも栄養価が高い。または食欲がなくても食べやすい食材ばかり。

 

暑い日が続いてちょっと疲れ気味かな・・・という方も、「」のつく食べ物で元気を取り戻し、夏を乗り切りましょう‼

 

 

 

 

訪問者の多いお墓

2018年7月18日

こんにちは。

曇り空で暑さが落ち着いた気温ですが、蒸し暑いですね。

水分補給は、喉が渇く前にしましょう(^ω^)

 

さて。

個人的に夢中になったワールドカップはフランスの優勝で集結しましたね。

おめでとう。

自由・平等・友愛の国。

 

ということで今回は、世界遺産じゃないけれど、フランスの有名な墓地について。

 

「ペール・ラシェーズ墓地」はフランスのパリ東部に位置しています。

年間数十万の人々が訪問する墓地として、世界的にも有名となっています。

その理由は。

フランスだけでなく、世界的に影響をあたえたアーティスト、学者、軍人、政治家等々が埋葬されていることがあげられます。

とにかく様々なジャンル。

ヴィクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル」の主人公、ジャン・ヴァルジャン。実在しない人物のお墓もあります。

あげるときりがないほどたくさんです。

《一部↓》

ショパン

ビゼー

ロッシーニ

オスカー・ワイルド

プルースト

バルザック

モディリアーニ

ピサロ

ドラクロワ

マリア・カラス

エディット・ピアフ

イヴ・モンタン

等々・・・・・。

この一部だけでも、数十万人の訪問がうなずけます。

 

ヒュー・ジャックマンはお参りしたのでしょうかね?

気になります(笑)

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る