お知らせ

お墓はいつ建てればいいの?

2019年3月9日

こんにちは。

だんだんと道路の端に残る雪が少なくなって

冬が終わったのかな、という感じがしてきましたね。

 

暖かくなって、お墓の建立やリフォームを考えている方が増えてきたように感じます。

 

実際お墓を建てるとなると、

「難しそうでよくわからない…。」ということはありませんか?

 

今日は、お墓についてのよくある質問についてお答えしようと思います。


Q. 「お墓っていつ建てればいいの?」

A. 「お墓を建てる時期に決まりはありません。」

 

忌明け(四十九日が過ぎてから)以降、

一般的には一周忌に合わせて建てる方多いですが、

特に決まった時期はありません。

大切なことは慌てて建てることではなく、経済的に無理をせず

納得のいくお墓を用意することです。


さて。

実際にお墓を建てるためには、まず石材店に足を運ばなければいけません。

しかし、初めての場所に行くのは誰でも不安なものですよね。

 

●何から始めればいいの?

●どんなことに気を付けて石材店へ行けばいいの?

●お墓を建てるのにお金はいくらかかるの?

など、このような悩みをお持ちではありませんか?

 

そんなあなたに

お墓の建て方や選び方がわかるとっておきの冊子を

無料でプレゼントいたします!

(※数に限りがありますので、先着順とさせていただきます)

無料冊子をご希望の方はこちら

 

さらに、大湯石材店はご相談・お見積り無料です。

しつこい営業もいたしません。

お墓ディレクターの資格を持つスタッフが丁寧に対応いたします。

ぜひ一度当店にお問い合わせくださいませ。

 

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

言葉の由来

2019年8月18日

こんにちは。

連日暑い日が続きますね。

夏バテしないように、冷たいものを多く摂るのは控えて、豚肉や緑黄色野菜等もしっかり食べて元気に過ごしたいものです。

 

さて。

今回は、お盆の名前の由来について簡単に少し。

「おぼん」という音ですが、サンスクリット語の「ウラムバナ」「ウラバンナ」(※1)の発音が転じたものといわれている説と、ペルシア(現在のイラン)のアヴェスタ語の「ウルヴァン」「ウラヴァン」(※2)の発音が転じたものともいわれています。

※1 逆さづりの苦しみという意味

※2 霊魂の意味

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」「盂蘭盆(うらぼん)」というのが正式名称とのことなので、確かに発音は似ていますね。

 

先祖が苦しみから解放され浄土に行けるよう、先祖の魂が安らかであるようという願いを込めて供養する為に行った行事が、現在のお盆になったといわれています。

お墓の建立同様、元々は上流階級で行われていたことが、江戸時代に入って庶民にも広がり現在に繋がっています。

 

先祖があっての現在の自分。

お盆でもお盆でなくても、手を合わせることは大事なこととして後世に繋げていきたいですね。

8月17日🍍

2019年8月17日

こんにちは。

今日は蒸し暑く、雨も降りそうなお天気ですね。

さて、今日は『パイナップルの日』だそうですよ!

今では旬の食べ物も通年食べられるものが多いですが、パイナップルの旬は夏ですね!

パイナップルにはビタミンCやビタミンB1が含まれており、風邪予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があり、

食物繊維も含まれているので、便通も良くしてくれます。

また、夏といえばスイカも旬です。

スイカにはカリウムが含まれており、疲労回復や利尿作用があるとされ、

夏バテに効果があると言われています。

 

旬の食材を食べて、風邪や夏バテを予防して楽しい夏休みを過ごしてくださいね♪

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る