お知らせ

【イメージソング公開】大切な人を想う歌を作りました

2019年3月2日

おはようございます。

青森県 弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

 

ついに3月に入りましたね。

暦上の季節は春となり、卒業を迎えられた方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

今までの思い出に思いを馳せたり、新しいことにわくわくドキドキしたり。

なんだか気持ちが動く季節、という感じがします。

 

さて。

今日は、みなさんにご紹介したい歌があります。

 

大湯石材店のホームページのトップを見て頂いた方は

すでにお気づきかもしれませんが

 

この度、大変恐縮なのですが

青森県在住のシンガーソングライターであり

当社のスタッフでもある私、ヨコヤマサチコが

大湯石材店のイメージソングを制作いたしました!!!!

 

▼イメージソング「ずっと」のご視聴はこちら

https://youtu.be/fXHqT_2XWSM

■ ヨコヤマサチコ プロフィール ■

2011年から弘前市を中心にシンガーソングライターとして活動を開始。

ライブハウスやカフェ、バー、福祉施設、地域のイベントやお祭り、路上、インターネット配信等にて

ピアノ弾き語りを行い、青森県内にとどまらず、東北地方各地・東京方面でも活動。

2014年・2015年に全国で開催されたYAMAHA Music Revolution 弘前大会 2年連続グランプリを受賞。

青森県で活動するアイドルグループへの楽曲提供等も行う。ラジオ出演等もあり。

 

 

今回、おおゆ石材店のイメージソングとなった楽曲のタイトルは

「ずっと」

といいます。

 

ヨコヤマサチコが幼い頃に亡くなった曾祖母に届けたくて作りました。

 

曲を作ったきっかけは、

実家に帰ったときにふと見かけた古いアルバムを見たことでした。

そこには、幼いころだいすきだった曾祖母の写真がありました。

見たもの、聞いたもの、匂いや手の冷たさ。沢山の思い出が蘇ってきました。

 

最期は私のことも忘れて、亡くなった曾祖母のことを

幼かった私がすべて受け止めることができたかといえば、そうではありません。

今だからこそ、曾祖母に話したいことがあるから

今年こそお墓参りに行こう、と思った心境を歌にしました。

 

この曲の構想開始から完成まで約8か月かかりました。

ヨコヤマサチコが自分で作詞作曲して制作した

記念すべき100曲目の楽曲でもあり、

はじめてミュージックビデオを作成した作品でもあり、

青森県在住の各方面の若手クリエイターの力を借りて

製作チームひとりひとりが本気で、全身全霊で取り組んだ一作です。

 

青森だから何もできないと言い訳をしたくなくて

青森だからこそできる素敵なものを遺したくて

精一杯取り組んだ作品です。

 

大湯石材店に出会った皆様に

お墓を建てて下さる皆様のお気持ちに

そっと寄り添い役立てるようであれば本望です。

 

ヨコヤマサチコは、

曾祖母のところまで歌や気持ちが届くように歌いました。

 

歌を聴いてくださった方は、その方自身の大切な人に想いをはせて

日常のほんのかたすみにでも やさしい時間が生まれてほしいと願います。

 

自分の家族と青森を愛して作った渾身の一曲です。

ぜひ、お手すきの4~5分間ができたときにご視聴いただければ幸いです。

 

▼イメージソング「ずっと」のご視聴はこちら

https://youtu.be/fXHqT_2XWSM


▼歌詞

「ずっと」

作詞・作曲 ヨコヤマサチコ

編曲 Kakizaki Yuta

MV撮影・編集・監督 secret craft garden

 

久しぶりの家 久しぶりのアルバムを開いてみたの

懐かしい笑顔 フィルムの中 だいすきだったあなたがいた

 

しわしわの冷たい手が きれいに光る白い髪が

私の名前を呼ぶ声が あなたの面影 香って燃える

 

ずっと ずっと 見守っててよ 話したいことがあるの

辛いこともまあ あるけれど 今 私、幸せだよ

ずっと ずっと 見守っててよ 話したいことがあるからさ

今年こそはお墓参りに あなたに会いにいくから

 

もしかしていつも 私のこと見てるでしょ?って思うことがあって

悪いことしたら 驚くほどのスピードで 罰が当たるし

疲れて弱った時も 怖いと思うことは少なくて

私の背中さすってくれる あなたのことを思い出すの

 

しわの数だけ辛いことも 嬉しいこともあったでしょう

くしゃくしゃの顔で笑う姿にどれだけ救われただろう

あなたが倒れてしまったとき、全部自分のせいだと

「ごめんなさい」を繰り返しては 独り 部屋で泣いてたっけな

 

やがて歩くことも少なくなり 私のことも忘れたけれど

それでも私 覚えているよ あなたがくれた日々を

 

ずっと ずっと 見守っててよ 話したいことがあるの

辛いことも まあ、あるけれど 今 私、幸せだよ

ずっと ずっと 見守っててよ 話したいことがあるからさ

今年こそはお墓参りに あなたに会いにいくから

 


*歌詞の無断転載はおやめください。

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

言葉の由来

2019年8月18日

こんにちは。

連日暑い日が続きますね。

夏バテしないように、冷たいものを多く摂るのは控えて、豚肉や緑黄色野菜等もしっかり食べて元気に過ごしたいものです。

 

さて。

今回は、お盆の名前の由来について簡単に少し。

「おぼん」という音ですが、サンスクリット語の「ウラムバナ」「ウラバンナ」(※1)の発音が転じたものといわれている説と、ペルシア(現在のイラン)のアヴェスタ語の「ウルヴァン」「ウラヴァン」(※2)の発音が転じたものともいわれています。

※1 逆さづりの苦しみという意味

※2 霊魂の意味

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」「盂蘭盆(うらぼん)」というのが正式名称とのことなので、確かに発音は似ていますね。

 

先祖が苦しみから解放され浄土に行けるよう、先祖の魂が安らかであるようという願いを込めて供養する為に行った行事が、現在のお盆になったといわれています。

お墓の建立同様、元々は上流階級で行われていたことが、江戸時代に入って庶民にも広がり現在に繋がっています。

 

先祖があっての現在の自分。

お盆でもお盆でなくても、手を合わせることは大事なこととして後世に繋げていきたいですね。

8月17日🍍

2019年8月17日

こんにちは。

今日は蒸し暑く、雨も降りそうなお天気ですね。

さて、今日は『パイナップルの日』だそうですよ!

今では旬の食べ物も通年食べられるものが多いですが、パイナップルの旬は夏ですね!

パイナップルにはビタミンCやビタミンB1が含まれており、風邪予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があり、

食物繊維も含まれているので、便通も良くしてくれます。

また、夏といえばスイカも旬です。

スイカにはカリウムが含まれており、疲労回復や利尿作用があるとされ、

夏バテに効果があると言われています。

 

旬の食材を食べて、風邪や夏バテを予防して楽しい夏休みを過ごしてくださいね♪

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る