あなたにぴったりなのは

樹木葬(個別永代墓)

お墓を作っても継ぐ人がいない・または子供に負担をかけたくないという場合、他人と遺骨が混ざることに抵抗があるというあなたには、「樹木葬(個別永代墓)」がよいでしょう。

墓石の変わりに樹木等を目印とするなど、自然を感じられる供養の方法を樹木葬といいます。家族の形が時代とともに変化したことにより、「子供に迷惑をかけたくない」「お墓を管理していくのが難しい」「明るい雰囲気のお墓に入りたい」という方にマッチした人気急上昇中のお墓です。
樹木葬の墓地にはシンボルツリー(墓標となる木)のある墓地、広場や庭園のような墓地、里山や森林のような墓地など様々なタイプがあり、個別永代墓を組み合わせたものが主流です。

「個別永代墓」とは、個別永代墓とは、遺骨をそれぞれ個別のスペースに安置する永代供養墓(お墓を管理する人がいなくなってからもお寺が責任を持って管理をしてくれるお墓のこと。お墓の承継者がいなくても利用可能)です。17 年・33 年・50 年といった期間がすぎた後に、遺骨を他人のものと一緒に供養する合祀型に移行することが一般的です。

メリット

  • 承継者がいなくても利用できる
  • 一般墓より費用が安い
  • 宗旨宗派を問わないものが多い

※墓地や霊園、宗教宗派によっては規約によって墓石のデザインに制約がある場合があります。お墓を建てる際には事前に墓地のルールを確認することをおすすめいたします。

こんな方におすすめ

樹木葬をお考えの方へ