お知らせ

鬼沢 鬼神社 鳥居

2020年8月6日

こんにちは、大湯石材店の横山です。

 

いよいよお盆が近くなってきましたね。

むつ市では市長さんが感染拡大地域からの

帰省を自粛するように呼びかけています。

 

一方で、青森県の三村知事は

お盆は皆さんの心のよりどころとなる風習ですから

コロナウイルスの感染拡大にならないよう

予防対策をしっかり行って帰省してほしい、

県民のみなさんも暖かく迎えてほしいとお話ししています。

 

 

お盆に帰省を考えられている方がたくさんいらっしゃるかと思います。

長距離の移動になる場合は感染対策をしっかりと行い、

迎え入れる側もよりいっそう対策に気を付けて。

不安な場合は、今年は帰省を控える、というのも選択肢です。

 

大切な人や家族を守ることができるような行動をして

ご先祖様を迎えるお盆を心穏やかに迎えられればいいですね。

 

さて、今日は弘前市鬼沢の鬼神社に建立した鳥居をご紹介します。

鬼沢は、昔鬼に助けられた伝説から

「鬼沢」という地名になったと言われる土地です。

 

昔、ある農夫が鬼と仲良くなって

度々仕事を手伝ってもらっていたそうです。

 

あるとき農夫が水不足で困っていたところに鬼が来て

「私がなんとかしますから、仕事をしているところを見ないでください」

と言ったそうです。

 

鬼は一夜にして水路を作り、水田に水を引いてくれたといいます。

 

ところが、農夫の妻が鬼の仕事をしているところを見てしまい

鬼は水路を作るときに使った鍬とミノ笠を置いて消えてしまったんだとか。

 

その道具を農夫が持ち帰り、

祀ったのが現在の「鬼神社」のルーツであるといわれています。

 

(参照:歴史と伝説の里「鬼沢」

 

鬼沢の伝説、土地の名前の由来など

調べて見るとロマンがあり、一層愛着がわいてきます。

 

今後とも地域に感謝し、

地域の皆様のお役に立つことができるよう

社員一同がんばります!

 

石のことなら大湯石材店へどうぞ。

みなさまからのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

平川市新館共同墓地 洋型墓石 白系

2020年9月25日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

台風が迫り、朝から雨風が強い一日ですね。

九州などにお住まいの方は毎回大変な思いをされると思いますが、どうぞ怪我などには十分お気を付け下さい。

―♪―

さて今回は以前に平川市新館共同墓地に建立されたお墓のご紹介です。

使用石種は白御影石で、こちらはお墓の本体部分が元ある石材をそのまま使っております。

もともとあった外柵部分を撤去して新しく生まれ変わらせる、墓石リフォームというやり方です。

全体の型や大きさを揃えてあるので一体感が生まれています。

また、貼石施工にする事で雑草対策もバッチリです。

―♪―

お墓は新しく一から建てるだけでなく、元あるお墓を活かしてご用意する事も出来ます。

今お持ちのお墓のリフォームや建て直しをお考えの方は、ぜひ大湯石材店までお気軽にご連絡下さい。

完成予想図

2020年9月23日

こんにちわ、大湯石材の花田です。

今回はちょっとしたお話を一つ。

よく、お墓を建立するため来店されるお客様から聞く不安点として

「要望は伝えたものの、いまいち完成形がイメージできない」

というものがあります。

日常的に扱う物でない上に規模やデザインも様々なので、展示品を見るなど以外では当然のご不安だと思います。

そこで大湯石材ではお墓の打合せをする際、お見積りと一緒に完成予想図をお出ししております。(画像はサンプルの為、ぼかしを入れております。)

 

大きさのイメージは実物には敵いませんが、デザインや色合いなどの完成予想はしやすくなるかと思います。

お墓建立のお手伝いの中で、少しでもお客様の手助けになれば幸いです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る