お知らせ

雪とお墓

2020年11月12日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

先日とうとう弘前でも雪が降り、いよいよ朝夕の気温が冬のそれになってきました。

天気予報でも雪マークがちらほら出るようになりましたね ε-(‐ω‐;)

そんな訳で、今回は今後雪が降ってきた際のお墓のお手入れについて。

―♪―

そもそも、降雪地帯では冬にお墓に行く人自体それほど多くないかと思いますが、冬期間に法事があたっているなどで行く機会が全くないとも限りません。

そしてお墓が雪に埋もれていた場合、大体はまずは除雪から始めます。

その時に気をつけてほしいのが、使う道具。

アルミや金属製のスコップで一気に除雪をしようとすると、石に当たって傷付けてしまったり引っ掻き痕の様なものが付いてしまったりします。

この場合望ましいのはプラスティック製のスコップや、車などにも使えるようなブラシです。

仮に石に当たっても、プラスティック製のものなら傷付けずに作業が行えます。

また香呂周りは凍結で扉が開かないという事もありますが、これも無理に開けようとすると破損の危険性があります。

必要であればポットなどに温めのお湯や水を入れて持っていくと良いでしょう。

ただし、熱湯は逆に温度差で石を痛めてしまいますので、ご注意を。

―♪―

どうしても石は硬い=頑丈というイメージを持ってしまいますが、案外力や衝撃には弱いもの。

せっかくご用意されたお墓は長く、丁寧に扱っていきたいものです。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る