お知らせ

自然葬第2回

2020年1月25日

こんにちは(^ω^)

大湯石材店ブログです。

今日は少し寒いです。雪もチラついています。

皆さんの所はどうでしょうか?

 

さて、今日は自然葬の2回目として、少し書きたいと思います。

今現在のお墓事情は皆さんも知っての通り、いろいろなバージョンがあります。

 

一般的な、埋葬(お墓・合葬墓・樹木葬・自然葬)するもの。それと、散骨(宇宙葬・海洋葬・樹木葬・自然葬)するもの。大きく分けるとこの二通りに分けられます。

樹木葬や自然葬は埋葬するものと、散骨するものとがあるようです。ここに書いたように沢山の方法が現在はあります。(注:地域によって認められていない場合があります)

 

お墓を建てて供養して来た先祖と同じ様にして行く事は、今後は難しくなって来ているようです。皆さんも感じておられると思います。

そんな中で、現在好まれているのが、樹木葬や自然葬と言われるタイプのお墓です。

今までのお墓が難しい一番の理由が、後継者問題です。後継ぎがいない・後継ぎはいるが遠く離れていて同居していないなどの理由が挙げられます。

この問題を解決したのが、樹木葬・自然葬の埋骨方法です。散骨は認められていない事もありますので、埋骨にするタイプは日本全国で出来ます。

後、費用や、供養の問題も合わせて解決してくれます。

都会よりも、地方の方が、高齢社会になっていますので今後益々お墓事情は難しくなって行くと思われます。

今から、自分自身はどうしたいかを考えておく必要があると思います。

是非、自然葬について尋ねたいことがありましたら、遠慮なく当店へご相談下さい。

 

おまけですが、宇宙葬は少しの遺灰やお骨を専用のカプセルに入れて、地球の周回軌道に乗せて流れ星のようにするのと、月まで運んで月に着陸して、月の一部となるものなどがあるようです。他には、バルーンで宇宙空間まで運ぶ物もあります。

宇宙はロマンがありますが、今後は誰も創造していない事が沢山出てくるかもしれません。その都度当店でも対応出来るように努力して行きたいと思います。

それでは、今日はこの辺で失礼します。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

平川市新館共同墓地 洋型墓石 白系

2020年9月25日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

台風が迫り、朝から雨風が強い一日ですね。

九州などにお住まいの方は毎回大変な思いをされると思いますが、どうぞ怪我などには十分お気を付け下さい。

―♪―

さて今回は以前に平川市新館共同墓地に建立されたお墓のご紹介です。

使用石種は白御影石で、こちらはお墓の本体部分が元ある石材をそのまま使っております。

もともとあった外柵部分を撤去して新しく生まれ変わらせる、墓石リフォームというやり方です。

全体の型や大きさを揃えてあるので一体感が生まれています。

また、貼石施工にする事で雑草対策もバッチリです。

―♪―

お墓は新しく一から建てるだけでなく、元あるお墓を活かしてご用意する事も出来ます。

今お持ちのお墓のリフォームや建て直しをお考えの方は、ぜひ大湯石材店までお気軽にご連絡下さい。

完成予想図

2020年9月23日

こんにちわ、大湯石材の花田です。

今回はちょっとしたお話を一つ。

よく、お墓を建立するため来店されるお客様から聞く不安点として

「要望は伝えたものの、いまいち完成形がイメージできない」

というものがあります。

日常的に扱う物でない上に規模やデザインも様々なので、展示品を見るなど以外では当然のご不安だと思います。

そこで大湯石材ではお墓の打合せをする際、お見積りと一緒に完成予想図をお出ししております。(画像はサンプルの為、ぼかしを入れております。)

 

大きさのイメージは実物には敵いませんが、デザインや色合いなどの完成予想はしやすくなるかと思います。

お墓建立のお手伝いの中で、少しでもお客様の手助けになれば幸いです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る