お知らせ

線香について

2020年11月7日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

日を追うごとにどんどん寒さが増していって、山間部の方では早くも雪が降ってきたそうです。

健康管理はもちろんですが、車のタイヤ交換も早目に済ませておいた方が良さそうですね(^_^;)

さて話は変わって…

お墓参りをする時、線香やろうそくは必ず使うといってもいいものですが、

今回はその線香についての話を一つ。

そもそも線香とは、簡単に言うとお香の粉(白檀や沈香などの香料)を練り固めて棒状に成形したものです。

その材料や性質からどうしても折れやすく、また湿気や水気にはとても弱いもの。

よく聞く話として「墓参りに行ったら、前にあげた線香が燃え残っている」というのがありますが、

砂に挿した部分が湿気などにあたって火種がそこで消えてしまうため、ある意味仕方ないものでもあります。

また宗派によって線香を寝かせる方法もありますが、こちらも同様の理由で燃え残ります。

決して不具合や不良品などではないので、そこはご安心ください(^-^)

先祖供養のお供の一つである線香。

火元には十分注意しつつ、使用していきたいですね。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る