お知らせ

神宿る島につながるお墓2

2018年10月25日

こんにちは。

昨日の雨がウソのような秋晴れですね(^o^)丿

天気が良いのは気分のいいものですが、秋の紫外線も注意が必要です。

日焼け対策は万全に。

 

さて。

今回は前回の続き、新原・奴山古墳群について。

 

21号墳

5世紀前半につくられたといわれている円墳。

21号墳の大きな特徴として、古墳の上に石柱が立っていることがあげられます。

石柱は全部で8基。鎌倉時代の供養塔といわれています。

このことから、鎌倉時代には既に、この場所は山ではなくお墓という認識があったのではないかと推測されています。

もうひとつの特徴としては、別の古墳(次回紹介予定の22号墳)の周溝(※)が、この古墳を避けて築造されているということです。(※古墳の周りにつくられる溝の事)

このことから、21号墳は、この地域の地元である勝浦の小首長の古墳なのではないかと考えられています。

祭祀を行っていたであろう宗像氏が、地元の首長に対して敬意をはらっていたとすれば、政治的な気配も感じますね。

地元の力が宗像氏と同等だったのか、もしくは、首長の後ろ盾があって宗像氏が大きくなったのか。

外交も大事でしょうが、内乱は国を亡ぼす厄災ですからね。困りますからね。

想像するととても面白いです。

 

今回はここまで。

次回は22号墳についてお話ししたいと思います。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

清野袋墓地 和型墓石 桜御影石

2021年3月1日

こんにちは。青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日から3月に入りました。

弘前にはまだ雪が残っていますが、

心なしか春っぽい風が吹いていて気持ちがいいですね。

 

さて、今日は弘前市の清野袋の墓地に建立したお墓を

ご紹介いたします。

伝統的な、落ち着いた和型の墓石です。

 

角の丸みと桜色の石が

柔らかく、優しい雰囲気を思わせます。

 

屋根・ガラス扉付きの香呂は

雨風に強く、

お墓参りのときにローソクの火が消えたり、

線香の灰が風で飛び散ってお墓を汚すのを防ぎます。

 

冬は雪が積もっている間にローソク立などが壊れるのを防ぎ、

夏は香呂内にハチが巣を作るのを防ぐ役割があります。

 

お墓作りの際は、扉・屋根付きの香呂がおすすめです。

 

お墓のことなら、ぜひ大湯石材店へご相談ください。

今日もみなさまのご来店、お待ちしております♪

弘前市 梅林寺 灰御影石 洋型墓石

2021年2月25日

こんにちは、青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日は、弘前市 梅林寺の境内墓地に建立した

I家様のお墓をご紹介します。

どっしりと重厚感のある、落ち着いたデザインの洋型墓石です。

 

人気オプションのベンチが取り付けられています。

 

ベンチの向かい側にあるのは

あとから亡くなった方をお墓に納める際に

お名前を刻む「墓誌」です。

 

拝むスペースが広めにとられており、

左側のベンチに腰掛け、墓誌に刻まれた歴史を見ながら

故人やご先祖様と語り合うようにゆったりとお墓参りができます。

 

また、香呂と花立がスキマなく一体型になっていることで

間に汚れやゴミ、枯れた葉や花びらなどが溜まらず

そうじが簡単にできます。

 

お墓のことでお困りごとがありましたら

いつでもご相談くださいませ(*^^)v♥

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る