お知らせ

戦国武将の墓

2018年1月17日

こんにちは。今回は、戦国武将のお墓をご紹介いたします。

上杉景勝 (1555~1623)享年69歳

戒名 覚上院殿法印権大僧都宗心 命日旧3月20日 新4月19日 死因病死

お墓場所 米沢藩主上杉家墓所 山形県米沢市御廟1-1869

米沢藩主上杉家墓所では、初代から15代藩主を祀っている。

人物プロフィール

長尾政景の次男。叔父である上杉謙信の養子となった。謙信の死後、実子がいないので、家督を巡って2人の養子が対立した。

謙信の甥である景勝と、北条家から養子にきた景虎である。この戦い(御館の乱)に景勝は勝利する。

武田家と親密な間柄を保ち信玄の五女の菊姫をめとっている。

武田勝頼が織田信長によって滅ぼされると、上杉家は窮地に陥った。しかし、本能寺の変が起こり窮地を脱した。

豊臣政権が確立すると、景勝は大阪に出向き、秀吉に臣従を誓った。小田原の役、文禄の役にも参戦し、会津120万石に国替えされる。

秀吉の死後、五大老の1人となる。しかし、徳川家康は上杉家を警戒し上杉討伐にでる。この時、家康不在を機に石田光成が挙兵し

関ケ原の戦いとなる。景勝は、関ケ原の戦いで光成側と同盟して敗れた為、会津から米沢30万石に移された。

転封先米沢では、内政に力を注ぎ、明治維新まで続く米沢藩の礎を築いた。

(戦国武将のお墓参り手帖から引用)

山形を訪れたときには、上杉家墓所をお参りしてみたいですね。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

新!看板きました!!

2020年9月22日

こんばんは。弘前の大湯石材店です。

今日新しい看板が設置されました(^O^)

楽しそうな岩木山が描かれています!(楽しそうな?カエルもおります!!)

実は当店の墓石展示場からも岩木山が良くみえます。

 

 

 

 

 

天気が良ければはっきり見えます(-_-;)   …ホントです。。

 

 

 

鶴田町妙堂崎 和洋型墓石 灰御影

2020年9月21日

こんにちわ、大湯石材店の花田です。

春もそれなりにですが、秋はやはり花粉が舞うもの。

お彼岸に墓参りに行かれた時、石の表面に白やら黄色やらの粉のような物が付着することが良くあります。

それ自体が石に対して特に悪さをするわけではありませんが、花粉症持ちの方はお気を付け下さい。

―♪―

さて今回は鶴田町妙堂崎に建立された和洋型墓石のご紹介です。

使用石種は灰色の御影石。

和洋型のお墓なので本体の横幅が広く、全体的にもゆとりのあるデザインとなっています。

外柵部分を板石でタイル張りにしているので、雑草対策もばっちりですね。

また、墓石周りをコンクリートでタタキにしているので、実際の大きさ以上に足場周りも広々としています。

複数人で供養に来られても、ゆったりと拝んでいただける仕上がりとなっています。

―♪―

当社展示場では伝統的なものから最新デザインまで、様々なお墓を見ることができます。

ちょっとでも興味がおありなら、いつでも大湯石材店までお越しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る