お知らせ

意外と知らなかった?「伝統的なお墓」っていつからの話?

2018年8月25日

こんにちは。青森県弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

 

少し冷え込んで今年の冷房の出番はサヨナラかと思いきや、まだまだ暑い日続くんかーい(笑)という感じです。

今年の天気にはフェイントをかけられまくりですね(笑)

なんにせよ、あまり寒くならないうちに食べものがおいしい季節がやってきそうなのは嬉しいばかりです(^p^)

おいしい秋刀魚が食べたいです(^p^)♡

 

さてさて。

今日は【意外と知らなかった?よく言う「伝統的なお墓」っていつからの話?】というテーマで更新していきます。


みなさん。お墓といったらどういうものを思い浮かべますか?

 

およそだいたいの方が連想されるのは

お墓といったらこの形。どん!

という感じではないでしょうか?

これは、お墓の形の中でも「和型墓石(わがたぼせき)」といって、伝統的なお墓の型とされているものです。

 

ずーっと昔からあるような、なんとなくそんなイメージのこの形。

カロート(火葬した遺骨を納めるスペース)が内蔵されているものが一般的ですが、

実はこれ、全国に広まったのは意外と最近の話なんです。

 

今の形が主流になったのは戦後だった・・・?

この和型墓石の形が使われるようになったのは江戸時代からと言われています。しかし、最初はあくまで江戸や大阪、京都など都市部の密集地帯で火葬が行われる際に使われているものでした。当時、民衆のほどんどは土葬、風葬、あるいは遺棄等が多く、この形は広まっていなかったそうです。

衛生上の問題などで火葬の割合が50%を超えたのは1950年代の戦後のお話。火葬が民衆の間に広まるのとともに、このカロート式の和型墓石の形が全国に広まっていったそうです。

今2018年なので…1950年代だと60~70年前。ええ…。学校の日本史の授業で例えると、だいぶ後半に駆け足で習うくらいの最近っぷりです。(※個人の見解です)

 

また、明治時代以前は個人墓が主流で、家族墓というものは見られませんでした。

今ではよく見られる「○○家之墓」という表記や「家族でお墓に入る」という慣習は、明治民法に規定された家制度に基づいて制定された墓制によるものなのです。

 

ふむ。

「伝統的なもの」として伝えられてきたお墓のあり方や形。ずーっと同じものが受け継がれてきたのかと思いきや、今までも時代の背景によって少しずつ変化してきたんですね。

現在、取り上げられることが多い「お墓の承継者がいない」という問題は、明治時代に作られた家制度を引き継いできた慣習と、現代社会にみられる「核家族化」のギャップが原因のひとつなのかもしれません。それによって見えるお墓の形態の変化も、また必然なのでしょうね。

 

個人的な希望ですが、どんな時代の変化があれど「帰る場所がある」人生を送りたいな、と思っています。

それが安心できる暮らしということなのかな、と。それがあるのは当たり前のことではないのでしょうが。

自分が亡くなったとき、それはやはり「お墓」に当たるのかな、と。

もしかしたら、そこにお墓が「石」で作られている意味もあるのかもしれませんね。

 

少しだけ、自分のお墓はやっぱり欲しいな、と思うきっかけになったお話でした。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓参りの時期

2021年2月24日

こんにちは、弘前の大湯石材店です。

 

今日は、「お墓参りの時期は決まっているの?」というテーマで

みなさんと情報を共有していきたいと思います。

 

結論からいうと、

お墓参りの時期というのは特に決まっていません。

 

行きたいときにお墓参りに行って問題ないと追われています、

 

お墓参りに行く人が多い時期は、

お盆、お彼岸、命日、年末やお正月、人生の節目があったとき

とされています。

 

ただし、青森県のような雪国では

積雪により冬期間は閉鎖されている霊園もあるため

雪解け後の3月~11月頃までにお墓参りに行く場合が一般的です。

 

雨の日は避けた方がよい、と聞くことがあるかもしれません。

 

縁起の良し悪しというよりも

石は濡れると滑るので、

「足元に危険が少ない=足元が濡れていない日がよい」

ということだと思われます。

 

また、お参りに行くときに「六曜」を気にされる方もいらっしゃいます。

前回の記事で紹介しましたが、

仏事とは因果関係のないものなので、

大安や仏滅などは、気にしなくても大丈夫です。

 

ただ、気になる方は、

ご自身が気持ちよくお墓参りできる日付を選んで

お参りしてもよろしいかと思います。

 

では、今日はこの辺で失礼いたします。

ずいぶん冷えますので、お体にお気をつけて

よい日をお過ごしください。

御事始めと針供養

2021年2月8日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

本日は「御事初めの日」!
何かを始めるのに良い日です‼

元は農事の始めの日という行事でしたが、
今は各分野の会社でも用いられる事が多いです。
仕事始め・開店・種まき等、
新しい事を始めるに良い日とされます。

日を同じくして「針供養」が行われる日でもあります。

裁縫など家庭でも針仕事が多かった頃、
使えなくなった針を労い、
豆腐やコンニャク等の柔らかい物に刺して供養して、
裁縫の上達を祈願します。

何かを始める前に感謝をの気持ちも忘れないようにしたいですね。

 

……食べ物に感謝してダイエットをハジメタイデス。。。。

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る