お知らせ

御影石

2019年10月30日

こんにちは。おおゆ石材店のブログです。

今日は御影石についてです。

御影石とは、兵庫県の御影村(現在の神戸市東灘区に位置する)で産出された花崗岩の呼び名でした。

大正から昭和初期にかけて、この地で採掘されていた本御影石が花崗岩の代表的な銘柄として全国に

名前を知られたことで、日本では、花崗岩の事を「御影石」と呼ぶようになったのです。

御影石は、地下のマグマが地殻内の深い所で冷え固まった結晶石の石材です。堅硬で圧縮強さや耐久性が大きく、美しい外見に特徴があり、墓石・建築物の構造・装飾に使用される。

半面、耐火性に劣るのが短所とされる。色合いによって、白御影・青御影・桜御影・黒御影・赤御影等

種類があります。

おおゆ石材展示場には、60種以上の石種を展示しております。ご自身の目でたくさんの色合いを確認できます。

お気軽にご来店してください。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る