お知らせ

季節の過ぎる速さに置いて行かれる

2018年8月4日

こんにちは。

青森県弘前市 おおゆ石材店のお墓のブログです(^ω^)

 

連日猛暑が続いていたせいか、あまり気温が下がっている印象はありませんが

ここ2、3日は夜が過ごしやすかったような気がします。

気づけば8月。平成最後の夏も、残暑へと向かっているのでしょうね。

 

さて、今日はそんな「時代の流れや変化」に関する話題を書いていきたいと思います。


昨今、墓石業界のシーンは大きな変化を見せています。

 

終活(自分が元気なうちに自分のお墓や葬儀のことについて前向きに考える活動のこと)などの影響もあってか

デザインとしても「和型墓石」が中心⇒「洋型墓石」や故人にちなんだ「デザイン墓石」などを選ばれる方が増えていたり、

お墓の跡付きがいない問題から、従来の「家墓(家族が代々承継して入るお墓)」だけでなく

「永代供養墓(お金を払って管理してもらえるお墓)」や「樹木葬(植物を墓標とする)」、「墓じまい」などを選ぶ人も増えてきたりしています。

 

このように、お墓に関して様々な選択肢が増えたことによって

私たちはより自由に自分の人生をデザインできるようになったといえるでしょう。

 

ですが、新しい情報を取り入れるということはとてもエネルギーを使うことです。

「あれもこれも新しいものだらけで、私にちょうどいいものは何なのかがわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そうなのです。

「終活」という言葉自体は世間でも徐々に浸透を見せていますが、私たちは普段から自分の「最期」についてじっくりと考えることはあまりありません。

普段の私たちにとって「お墓」というものは、当たり前に生活の中にあるようで、とても遠いところに意識があるように思います。

 

しかし、悪い知らせは急に訪れるもの。

日常の中に突然「お墓」という文字が突き付けられる状況になると、悲しい気持ちに加えて、慣れないことの連続でとても疲れてしまうものだと思います。

そのような状況になったとき「今はこういうものがあって、ああいうものがあって、これをああしたくて」というまで行けたなら、それはもちろん素晴らしいことですよ!

でも、「法要やら手続きやらで疲れてしまった。丁度良くやってほしい。」となる気持ちもすごくわかるのです。

 

そんなとき、お客様ひとりひとりの「ちょうどいい」を安心して届けられる石材店でありたいと思います。

「お墓」で困ったら大湯に相談するのがいいよ。そう言っていただけるのが非常に励みになります。

 

アンケートはがきが届いたお客様は、一言でもいいので良かった点などご記入ください。

もちろん、お電話でお客様のお声をいただくのも大歓迎です。

あなたの一言が、私たちを笑顔にしております。いつもありがとうございます。

 

 

まだまだ暑い日が続きそうですが、1年に1度のねぷたの季節。

お身体に気を付けて良い日々をお過ごしください♪

 

では!

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養トリビア ~風葬~

2020年10月29日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

すっかり秋も深まり、冷え込んできましたね。

さて、文脈もなく今日のお話し(^_^;)

【風葬】です。

風葬とは、火葬や土葬等の遺体処理をすることなく、自然の中で風化を待つという風習のことで、世界各地にみられるものです。

日本では、琉球や奄美などの島で行われていましたが、現在では行われてはいません。

 

琉球地方の風葬は島や地域、階級などで違いがあったようですが、一般的な庶民の弔い方は、不浄の聖域であるとされる「後生(グソー)」へ遺体を運び、そのまま風化を待つということが多く、埋葬という形ではないけれどグソーが共同墓地と考えていいようです。

 

風葬は自然葬にあたります。

魂のいれものだった体を自然に返すという概念ですね。

現在ではバルーン葬や海洋葬などが挙げられます。

 

時代が変われば、弔い方や種類も変わります。

故人や遺族、それぞれの考えや意見もあるので、お互いに満足のいくように、出来る事なら生前に話し合っておくことも大事ですね。

お墓の掃除とリフォーム

2020年10月28日

お墓をきれいに保つ方法は、何といってもこまめにお手入れをすることでしょう。

墓石は、風雨にさらされているため、ほっておくとホコリなどが積もるだけでなく苔が生えてきます。

これは墓石を劣化させるものです。

掃除の時には、雑巾などで丹念に汚れを落としましょう。

そして墓石を洗ったら必ず乾いた布で水分を拭き取っておきます。

雑草を抜いたり、積もった落ち葉などのゴミを取り除くことも忘れないようにしましょう。

 

 

どんなに頑丈につくられたお墓でも、時間の経過とともに石が傷ついたり風雨の浸食で風化が生じたりします。

また地震や自地盤沈下などの天災による狂いもおこります。

こんな時にはお墓をリフォームすることもできますので、是非ご相談ください。

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る