天台宗

おはようございます。

本日は『天台宗』についてお話ししたいと思います。

天台宗の名のルーツは中国の浙江省(せっこうしょう)天台県にある天台山にあります。

中国隋代に天台宗を開いた天台大師智顗(ちぎ)は、天台山を修行の地に定め根本道場を開いたため、天台大師と呼ばれ、またその系譜を天台宗と呼ぶようになりました。

我が国に天台宗を開いた伝教大師最澄も、中国に留学中に天台山で修行をしています。

最澄は、天平神護2年(766)近江国に生まれました。長じて、当時のさまざまな仏教を学び修行した最澄はやがて天台大師の教えに出会い、なんとしても中国に渡り天台宗の極意を学ばなければならないと決意、留学を果たします。そして、中国で研鑽を重ねた後、多くの仏教典籍とともに帰国し、日本に天台宗を開くのです。

開宗は、延暦25年(806)1月26日とされています。

総本山は比叡山延暦寺。

お唱えする言葉は、正式には「南無宗祖根本伝教大使福聚金剛」(なむしゅうそこんぽんでんぎょうだいしふくじゅこんごう)ですが、「南無阿弥陀仏」(なむあみだぶつ)を唱えることが多いようです。

「妙法蓮華経(法華経)」こそ、仏陀の教えの究極を説いたものとします。この法華経を中心に、菩薩戒・顕教・密教・禅法などを融合した総合仏教といえます。これを「四宗相承(ししゅうそうじょう)」と言い、円・密・禅・戒、そして念仏を法華経の精神で統合していこうというものです。そして、すべての人、生物、存在には仏になる可能性があると教えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

おおゆ石材 公式facebookページ