お知らせ

2019年5月22日

こんにちは。

昨日は雨と風がすごかったですね~。

ドアの開閉時は体ごと持っていかれるような勢いの風に何度か遭遇しました(;´Д`)

雨だけでなく強風には気を付けたいものです。

 

さて。

今回は「墓」について。

墓についてといっても、墓地や石の話ではなく、「墓」という漢字についてです。

皆様はわかっているとは思いますが、おさらい的に見て頂けたらと思います。

 

墓の意味としては、遺体や遺骨を埋葬する場所で、木や石など目印になるものをたてるのが一般的ですね。

部首はくさかんむり。画数は13画。

くさかんむり⇒日⇒一⇒八⇒土の順で書きます。土で死者を覆い隠すというところから形成された漢字だそうです。

語源は「はてか」「はふりか」「はるか」「はかなし」から「はか」になったのではという数多くの説が存在します。

 

何となく目にしている存在のものをよく観察したり調べたりすると、勉強になります。

お墓だけに限らず気になった身近なものを調べてみるのも面白いかもしれません。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

完成予想図

2020年9月23日

こんにちわ、大湯石材の花田です。

今回はちょっとしたお話を一つ。

よく、お墓を建立するため来店されるお客様から聞く不安点として

「要望は伝えたものの、いまいち完成形がイメージできない」

というものがあります。

日常的に扱う物でない上に規模やデザインも様々なので、展示品を見るなど以外では当然のご不安だと思います。

そこで大湯石材ではお墓の打合せをする際、お見積りと一緒に完成予想図をお出ししております。(画像はサンプルの為、ぼかしを入れております。)

 

大きさのイメージは実物には敵いませんが、デザインや色合いなどの完成予想はしやすくなるかと思います。

お墓建立のお手伝いの中で、少しでもお客様の手助けになれば幸いです。

新!看板きました!!

2020年9月22日

こんばんは。弘前の大湯石材店です。

今日新しい看板が設置されました(^O^)

楽しそうな岩木山が描かれています!(楽しそうな?カエルもおります!!)

実は当店の墓石展示場からも岩木山が良くみえます。

 

 

 

 

 

天気が良ければはっきり見えます(-_-;)   …ホントです。。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る