お知らせ

墓誌・法名碑について

2019年8月28日

こんにちは。今日は、墓誌についてです。

墓誌とは、亡くなった人の戒名・没日・俗名・享年などを刻む為の板石のことで、

浄土真宗では、法名を授かるために法名碑とよびます。

戒名は竿石の正面に彫刻されていましたが、時代が下がるごとに竿石の側面に

彫られるようになりました。石塔が先祖代々の供養塔と変わってきた為です。

しかし、竿石の側面だと、刻字できる人数に限りがあったり、刻字の際(竿石取外し時)

石を傷めてしまう危険性があったりするので、最近は墓誌に戒名刻字するのが一般的になってきました。

竿石に戒名刻字する際は、一度ご相談してみて下さい。より良いご提案をいたします。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

弘前墓地公園 洋型墓石 白系

2020年8月14日

こんにちは、大湯石材店の横山です。

今日は弘前市 墓地公園のI家様のお墓をご紹介します。

白系の石で作られた洋型墓石です。

 

白系の石だと全体が明るい雰囲気に見えますね。

 

お墓のまわりは石板を貼ることで

雑草対策を行い、掃除もしやすい仕様となっています。

 

お墓や供養のご相談は大湯石材店へどうぞ。

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

白沢墓地 和型墓石 灰系

2020年8月13日

こんにちは、大湯石材店の横山です。

 

いよいよ今日はお盆ですね。

お墓参りに行かれる際は、

コロナウイルスの感染拡大防止につとめて

マスクの着用、手洗い、

人との間隔を保つソーシャルディスタンス等に気をつけながら

ご先祖様とのごあいさつを行いたいものです。

 

さて、今日は西目屋村の白沢墓地に建立した

N家様のお墓をご紹介します。

濃い灰色系の石で建てられた和型墓石です。

 

和型独特の縦長の特徴がありながらも

洋型墓石のような丸みのあるデザインとなっています。

 

門柱には灯籠がすえつけられ、

新しさと伝統的なデザインが組み合わさった

すてきなお墓ですね。

 

 

大湯石材店はお盆も休まず営業中です。

 

お墓や供養のことなら大湯石材店へどうぞ。

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る