お知らせ

墓石の上

2019年8月10日

こんにちは。

朝の雨はどこに行ったのでしょうという青空になりましたね。

蒸し暑さは相変わらずなので、熱中症対策は万全にしたいものです。

 

さて、今回はお客様から時々聞かれる

このお墓について。

当社の展示場にもあります、このお墓は「大名墓」と呼称されるもので、見ての通り特徴はお墓の上に立派で重そうなな笠がのっているところです。

名前の由来やなぜこのような形状なのかは諸説あり、大名の為に建てられたのでとも、大名のお墓の様に豪奢で大型なのでともいわれています。

元々、お墓は高貴な身分の人々だけが建てられるものでしたが、江戸時代後半あたりから庶民にも広がりました。

大きな商家や庄屋等、お金のある家で立派なお墓を建てるようになったころ、この形状も広がったようです。

かなり高さのあるお墓になるので、大きな建物がない時代に遠くからでも目視できるくらいのお墓は誰から見ても圧巻だったでしょう。

家の権威を示すには、これくらいの存在感が必要だったのかもしれませんね。

 

お盆も近いです。

大きくても小さくても、お墓は家族にとって大事な物。

先祖に手を合わせるお参りはできるだけ行くようにしたいものです。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る