お知らせ

墓地とは 続

2019年8月5日

こんにちは。

連日、30℃越えが続いていますが、体調はいかがですか?

全国的に熱中症で搬送されている方が増加中です。

無理はせず、上手に暑い夏とつきあいましょう。

 

さて。

今回は墓地の呼び名についての続きから。

 

「公営墓地」(共同墓地・公園墓地等)

都道府県・市町村・集落等主に自治体が管理運営している墓地は、このように呼ばれることが多いようです。

一番の特徴は、宗旨宗派等の制約がないということです。

区画・高さ等規定があるところもありますが、比較的好きな形状のお墓を自由に建てられます。

それゆえに人気も高く、募集に対して定員が多いため抽選になることもあります。

また、住民票が地域あること等条件も細かく設定されている場合があります。

 

「民営墓地」(霊園墓地・墓苑等)

会社や宗教等の法人が運営管理している、または、法人から委託を受けて民間団体が運営管理しているところが、こう呼ばれる場合が多いようです。

こちらも宗旨宗派の規制がない場合が多いとはいえますが、宗教法人や葬祭機関の管理になると、様々な制約がある場合もあります。

公営墓地に比べて条件は厳しくない分、料金が高いというところもあります。

 

「寺院墓地」

字の通り、お寺が管理運営している墓地。

お寺の境内にある場合が多く、葬儀や法事等の供養する場面での利便性が高いです。

多くの場合、檀家になることが条件となることが殆どで、住職の意向によって、方針や料金面で変化があったりします。

お墓のデザイン等、自由に選べないということもあります。

 

墓地や墓石をを求める時は、できるだけたくさんの情報を集めましょう。

どれが自分の家の条件に一番合うのか、家族でよく話し合うことが大切です。

一生に一度あるかないかの買い物です。

納得いくまで考えましょう(^o^)/

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

青森市月見野霊園 洋型墓石 白+ピンク系

2020年9月30日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

今回は青森市月見野霊園に建立された、洋型墓石のご紹介です。

ピンクと白の御影石を使用しています。

青森市の霊園は外柵の高さや石材の幅など、色々細かく規定が決まっています。

こちらはそれらの規定を守りつつもオリジナリティ溢れるデザインとなりました。

外柵を枠組みとし内側を敷砂利で飾る事で、墓石全体の印象が明るくなります。

また、本体の石種を変える事で色味に変化が生まれ、これまたオシャレな雰囲気が出ています。

―♪―

当社は弘前近郊だけでなく、青森市の霊園に適した墓石のご提案も承っております。

墓石の事でお悩みなどありましたら、いつでも大湯石材店までお越しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

墓地使用許可証について

2020年9月29日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

今回は数ある書類のうちの一つについてのお話です。

―♪―

墓石建立の際、墓地を市や町で管理している霊園に御用意されている方もいますよね。

その場合、石屋さんでお話をまとめた後施工の段取りを組むうえで必要になってくるものがあります。

その一つが「使用契約をした墓地の使用許可証」です。

以前、埋葬許可証について触れた記事がありましたが、それとは別のものになります。

墓地使用許可証とは、墓地の場所を決めて契約をした際に発行されるもので、主に墓地の区画番号などの情報や契約者の名前などが記載されています。

これが「その墓地を使用する権利」を持っている証拠となります。

墓石工事をするにあたり石屋さんで役所に工事申請を行うわけですが、その時にこの墓地使用許可証が必要になります。

また、万が一紛失した際は役所で申請すれば再発行する事が出来ます。(料金はかかりますが…)

―♪―

今回は墓地使用許可証についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

なかなか馴染みの薄い内容だったかもしれません。

普段は触らずとも、こんな書類もあるんだーっと頭の片隅に置いておく事で、ふと聞かれた際に慌てる事がなくなります。

もしお墓の建立をお考えの方は、一度書類があるか確認をしてみてください。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る