お知らせ

墓地とは 続

2019年8月5日

こんにちは。

連日、30℃越えが続いていますが、体調はいかがですか?

全国的に熱中症で搬送されている方が増加中です。

無理はせず、上手に暑い夏とつきあいましょう。

 

さて。

今回は墓地の呼び名についての続きから。

 

「公営墓地」(共同墓地・公園墓地等)

都道府県・市町村・集落等主に自治体が管理運営している墓地は、このように呼ばれることが多いようです。

一番の特徴は、宗旨宗派等の制約がないということです。

区画・高さ等規定があるところもありますが、比較的好きな形状のお墓を自由に建てられます。

それゆえに人気も高く、募集に対して定員が多いため抽選になることもあります。

また、住民票が地域あること等条件も細かく設定されている場合があります。

 

「民営墓地」(霊園墓地・墓苑等)

会社や宗教等の法人が運営管理している、または、法人から委託を受けて民間団体が運営管理しているところが、こう呼ばれる場合が多いようです。

こちらも宗旨宗派の規制がない場合が多いとはいえますが、宗教法人や葬祭機関の管理になると、様々な制約がある場合もあります。

公営墓地に比べて条件は厳しくない分、料金が高いというところもあります。

 

「寺院墓地」

字の通り、お寺が管理運営している墓地。

お寺の境内にある場合が多く、葬儀や法事等の供養する場面での利便性が高いです。

多くの場合、檀家になることが条件となることが殆どで、住職の意向によって、方針や料金面で変化があったりします。

お墓のデザイン等、自由に選べないということもあります。

 

墓地や墓石をを求める時は、できるだけたくさんの情報を集めましょう。

どれが自分の家の条件に一番合うのか、家族でよく話し合うことが大切です。

一生に一度あるかないかの買い物です。

納得いくまで考えましょう(^o^)/

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

石工の技術で古いブロック塀を蘇らせてみた

2021年1月12日

こんにちは、大湯石材店の横山です。

 

お家に古くなったブロック塀がある方へ朗報です。

 

まずはこちらの39秒間の動画をご覧ください。

石工の究極の研磨技術を応用し、

古いブロック塀を

蘇らせる技術を生み出しました!

 

普段、家の塀を気に掛けることは

なかなかないですよね。

 

しかし、2018年に大阪で地震があり

小学校のブロック塀が倒壊する事例があったように

長い間メンテナンスをしていないブロック塀では

思わぬ事故につながる場合もあります。

 

市町村からの広報誌に記載されることもありますが、

大きな地震や災害に備えて

古くなったブロック塀を点検・補修しておくと安心です。

 

当店では

元からある古いブロック塀を補修

墓石の建立で身に着けたノウハウで

強化剤を用いてブロック塀を研磨し

建替えするよりコストを安く!

見た目をキレイに!

より頑丈に!

ブロック塀を修復する技術を開発しました。

 

気になる方は、ぜひ当店へお問い合わせください。

雪が降っても営業中!いつでも見学できます

2021年1月7日

こんにちは、大湯石材店の横山です。

 

今朝の雪の量はまたすごかったですね~!

当社のアンパンマンはジャムおじさんばりの帽子をかぶってました。

 

「雪が積もってたら、

外に置いてる墓石だば見られねべな…」

「冬だば墓所も閉まってるはんで

墓石屋さ今行ってもな…」

とお考えのあなた!

 

おおゆ石材は冬でも毎日

スタッフみんなで展示場の雪かきをしております。

 

朝イチはこんなに雪が積もっていることもしばしばですが

▲BEFOR

▲AFTER

このように。毎日雪かきして

皆様が見学できるようにしております。

 

更に、1月17日まで初売り開催中!

今しかもらえない、期間限定来店プレゼントがあります。

 

安心してご相談に来ていただけるよう、

コロナ対策も随時強化しております。

 

お足もと悪い中、来店してくださるお客様に心から感謝申し上げます。

皆様のご来店、お待ちしております。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る