お知らせ

土用の丑の日

2018年7月20日

おはようございます。

今日は「土用の丑の日」‼ 美味しそうなウナギを想像してしまいます(笑)

そこで、意味や由来について調べてみました。

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。そして、昔の暦では日にちを十二支で数えていました。

つまり「土用の丑の日」とは土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが年に何回かやってきます。

いずれにしても、土用の丑の日「季節の変わり目」といえます。

 

なぜウナギを食べるようになったのか?

ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。

一説によれば「夏に売り上げが落ちる」とウナギ屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、「の日にちなんで『』から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があっことから、

 

「本日、丑の日」

土用の丑の日ウナギの日

食すれば夏負けすることなし

 

という看板を店先に立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか。

ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。土用の丑の日は季節の変わり目にあたる為に体調を崩しやすいので、夏バテ防止にはピッタリの食材といえるでしょう。

 

ウナギ以外にも「」のつく食べ物がよいといわれます。「の日」の「」ですね。

例えば、うどん・ウリ・梅干し・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。

いずれも栄養価が高い。または食欲がなくても食べやすい食材ばかり。

 

暑い日が続いてちょっと疲れ気味かな・・・という方も、「」のつく食べ物で元気を取り戻し、夏を乗り切りましょう‼

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

弘前墓地公園 洋型墓石 白系

2020年8月14日

こんにちは、大湯石材店の横山です。

今日は弘前市 墓地公園のI家様のお墓をご紹介します。

白系の石で作られた洋型墓石です。

 

白系の石だと全体が明るい雰囲気に見えますね。

 

お墓のまわりは石板を貼ることで

雑草対策を行い、掃除もしやすい仕様となっています。

 

お墓や供養のご相談は大湯石材店へどうぞ。

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

白沢墓地 和型墓石 灰系

2020年8月13日

こんにちは、大湯石材店の横山です。

 

いよいよ今日はお盆ですね。

お墓参りに行かれる際は、

コロナウイルスの感染拡大防止につとめて

マスクの着用、手洗い、

人との間隔を保つソーシャルディスタンス等に気をつけながら

ご先祖様とのごあいさつを行いたいものです。

 

さて、今日は西目屋村の白沢墓地に建立した

N家様のお墓をご紹介します。

濃い灰色系の石で建てられた和型墓石です。

 

和型独特の縦長の特徴がありながらも

洋型墓石のような丸みのあるデザインとなっています。

 

門柱には灯籠がすえつけられ、

新しさと伝統的なデザインが組み合わさった

すてきなお墓ですね。

 

 

大湯石材店はお盆も休まず営業中です。

 

お墓や供養のことなら大湯石材店へどうぞ。

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る