お知らせ

世界最小の国家のお墓

2019年5月8日

こんにちは。

風が強いですね(>_<)

朝、店ののぼりを出したのですが、強風で折れる危険が出てきたため、早々に回収してしまいました(;´Д`)

突風は危険を伴います。ドアの開閉や歩行等は気を付けて下さいね。

 

さて。

今回は久しぶりに世界遺産のお墓について。

 

皆さんもご存知とは思いますが、世界最小の国家「ヴァチカン市国」は国そのものが世界遺産のため、極端な言い方をすればそこにあるものすべて遺産なので、世界遺産のお墓といってもピンポイントで「これ」というわけではありませんが、有名なところなので再度確認(笑)

というわけで「サン・ピエトロ大聖堂」。言わずと知れた建設期間約300年の建造物。

元々は、キリストの一番弟子だったとされているペトロさんのお墓(聖堂)が建っていた場所で、巡礼地でした。その後紆余曲折があり、この聖堂は建設されました。(紆余曲折の部分は長くなるので割愛。興味のある方は是非歴史から調べてみて下さい)

イタリア語でサンは聖、ピエトロはペトロなので、聖ペテロの聖堂ということです。実にシンプルです。

この聖堂に関わった有名な建設家や芸術家は多く、皆さんもラファエロやミケランジェロは一度は耳にしたことがあると思います。

面白いもので、ラファエロもミケランジェロも天使の名前。

ラファエロはそのままラファエルですが、ミケランジェロはイタリア語でミケーレ(ミカエル)+アンジェロ(エンジェル)の合わせ技。

天使が聖堂を彩ったという考えはいけませんかね(笑)

 

余談。

因みに、天使は一般的に「エンジェル」と言いますが、これはイギリス等英語圏での事。

イタリアやポルトガル語(地区別)では上記のように「アンジェロ」や「アンジェラ」にかわります。

ドイツ語では「エンゲル」。

スペインやポルトガル語(地区別)では「アンヘル」。

フランス語では「アンジュ」。

ロシア語では「アンジュリナ」、「アンジェリーナ」と変化します。

 

遺産を通していろんなことがわかります(笑)

遺産や歴史は本当に楽しいです(^ω^)

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

大鰐町の墓地から弘前市西茂森の梅林寺境内墓地へお墓のお引越し。

2021年4月10日

ご覧いただきありがとうございます。大湯石材店の横山です。

弘前市西茂森の梅林寺境内墓地に、洋型のお墓を建立させていただきましたのでご紹介いたします!

 

完成したお墓

完成したお墓はこちらになります。

 

ご相談の経緯

知人の方からのご紹介で当社にご相談くださいました。元々大鰐町にある墓地に大きな古いお墓をお持ちでしたが、もっとご実家に近い場所で、お墓参りに行きやすいお墓をご希望されていました。

大鰐町の墓地にて古いお墓を解体し、弘前市梅林寺境内墓地に新しいお墓を建立されました。

 

石種選びのポイント

お客様のご希望で、濃いグレーの石種になりました。

締りのある落ち着いた雰囲気で、やわらかさもある色味の石種です。

 

デザイン選びのポイント

全体的に、「お墓参りのしやすさ」を重視したデザインになりました。

香呂と花立のスキマがない一体型にすることで、狭い隙間に水やホコリや枯れ葉などが入り込むことがなくおそうじの手間が省けます。また、お墓参りするとき雨風が吹いてもろうそくや線香の火が消えないよう、ロウソク立て・線香立てが中に入っている香呂には屋根・扉付きに。

お墓参りの際は、なにかと荷物がかさみます。ベンチや石板貼りで平にした土台は十分な荷物を置きスペースになりそうです。腰をかけながらご先祖様に手を合わせ、ゆったり過ごすのもよいかもしれませんね。

 

お客様の反応

ご実家から近い距離の墓地に引っ越ししたことで、ご要望通りにこれからはお墓参りに行きやすくなるとお喜びいただいております。

何度も打ち合わせを重ねるなかでお客様のご要望をお伺いし、最終的には「親切丁寧に対応していただき、大変感謝しています。」「墓石にもとても満足しています。ありがとうございました。」とおっしゃっていただきました。

この度は数ある墓石店のなかから当社にお墓づくりをお任せいただき、ありがとうございました(*^^*)

和型墓石と洋型墓石、人気なのはどっち?

2021年3月28日

 

こんばんは。

青森県弘前市 大湯石材店の横山です。

 

お墓を購入するときに気になる要素の一つとして

どんなお墓のデザインを選べばいいの?

というお悩みをよく耳にします。

 

お墓の形に決まりはありませんので、

・伝統的な和型墓石

・欧風な洋型墓石

・個人の趣味を生かしたデザイン墓など、

様々なお墓のデザインからお好きなものを選ぶことができます。

 

ただ、宗旨宗派や霊園によってはお墓のデザインや彫刻する内容に

制限がある場合がありますので、事前に確認をしましょう。

 

そのなかでも、人気のデザインは地域によって違いがみられます。

 

近年の東日本 とくに東北地方・関東地方では

和型墓石より洋型墓石を建てる方の割合が多くなっています。

 

一方、西日本 とくに九州地方では

現在でも和型墓石を購入される方がほとんどで、

他の地域よりお墓の購入金額が高い傾向にあります。

 

地域でもお墓のかたちに違いがみられることがあります。

沖縄など台風が多い地域は

災害に負けないよう大きなお墓を作る風習があるようです。

 

地域の気候や文化に合わせたお墓を作った結果、

人気のデザインが大きく異なるのかもしれませんね。

 

大湯石材店では、

青森県津軽地域最大114基のお墓を

実物で見学できる墓石展示場がございます。

 

たくさんのデザインの中から、

あなたにあったお墓をぜひ探しにお越しください。

 

現在、墓石相談会実施中です!

 

みなさまのご来店、心よりお待ちしております(^^)/

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る