デンマークのお墓

こんにちは(^ω^)

気持ちのいい青空ですね。

洗濯物もよく乾きそうです。

 

さて。

本日の世界遺産のお墓は、1994年登録の、デンマークの「イェリング墳墓群」

10世紀頃のルーン文字の石碑が有名。石碑はデンマークの起源を表しているとされていて、文字の資料としても貴重な遺跡です。

デンマーク最初の王ゴームとその妃チューラについて彫られているものが一番古いとされています。

ふたりの子供ハーラルは、デンマークとノルウェーを征服したのち、ノルウェー古来の宗教からキリスト教への改宗を進め、彼の記念碑は、この移行期の重要な資料ともなっています。

 

ところで。

ルーン文字とは。

元々はゲルマン民族が使っていた音素文字(簡単にいえば母音と子音を組み合わせた発音の文字化)で、ラテン文字が広がってからは衰退してしまった文字でもあります。しかし、その一部はアイルランド語として使われ、現代にも残っています。

 

最近では、占いの道具として見かけることもありますね。

少し調べてみましたが、複雑で日本にはない発音もあり、気持ちまで複雑にないました(笑)

 

興味のある方は、ストーンマルシェへお越しください。

ルーン文字の書籍、扱っています。

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

おおゆ石材 公式facebookページ