お知らせ

オーラカラー診断でわかる「チャクラ」とは?

2018年11月7日

こんにちは。青森県弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

天気が落ち着いて気持ちがいいですね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

先日のブログでもお知らせしておりますが、大湯石材店では「オーラカラー診断」ができるって知ってましたか?

 

オーラとは、すべての人が纏っている目には見えない層のことです。生きている人は全員あります。

性格や特徴、精神状態や環境によって色は異なり、たいていの方は複数の色を持ちます。

そのときの体調などにも左右されるため、1度診断しても次に診断したときは違う色になっていることも。

 

👇オーラカラー診断について詳しくはこちらの記事でご紹介しております。👇

https://os-net.jp/%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a8%ba%e6%96%ad.html


さてさて。

本日は、オーラカラー診断(FULLレポート 4,320円(税込))でわかる「チャクラ」についてご紹介していきたいと思います。

 

◆「チャクラ」とは?

チャクラとは、身体にあるエネルギーの出入り口のことです。

ヨガなどでもよく使われる言葉ですね♪

 

このエネルギーの出入り口であるチャクラ。私達が生きている間はずっと開いている状態です。

チャクラで受け取ったエネルギーは螺旋を描いて身体を巡り、またチャクラを通して身体の外に開放されます。

身体に7つあるチャクラにスムーズにエネルギーが出入りすることで、私達は心身共に健康でいることができるとされています。

 

チャクラの大きさはだいたい10cmくらいが平均とされています。

たいていの人は、多かれ少なかれ大きい場所があったり、小さい場所があったりと偏りがありますが、その人の個性なので特に気にする必要はありません。しかし、どこかのチャクラがやたらと大きくなり過ぎていたり、極端に小さくなり過ぎていたりする場合や、チャクラの形が歪んでいる場合は要注意です。

 

例えば、第1チャクラが小さく、第7チャクラが大きい場合は、創造力豊かで夢見がちであるが、現実的に生きる力がなく地に足がついていない状態だったり。

逆に、第7チャクラが小さく、第1チャクラが大きい場合は、しっかりと現実を確実に生きることはできるが、直観が働くことが少なく、豊かな心で生活することが難しい状態だったり…。といった感じです。

 

何事もバランスが大事、ということですね(*´꒳`*)

 

▽あなたのチャクラの状態を知る方法はこちら▽

 

大湯石材店に来店する🚙

         ⇩

オーラカラー診断であなたの全身の状態をチェック☑

         ⇩

生活習慣の改善やあなたにぴったりの癒し方法を発見👓

         ⇩

キラキラ、生き生きしているあなたに変身✨

 

オーラカラー診断は、現在のあなたの状態を測定するものです。

後々になると、またそのときの状態しか知ることはできません。。。(´・ω・`)

 

気になったら今すぐチャレンジしてみてくださいね♪

ご来店お待ちしております。

ではでは。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る