お知らせ

お盆飾りの片付け

2019年8月24日

こんにちは 弘前市おおゆ石材のブログです。

お盆が過ぎいかがお過ごしですか(^ω^)

お盆の片づけを終えた方、これからの方がいらっしゃると思いますが、今日はお盆飾りの片付けについてお話しします。

片づけるのは、お盆が明ける17日以降が一般的ですが、津軽地方では20日盆が終わってからが多いと思います。

お供えしたお菓子や果物は傷む前にお下げし、お下がりものとして美味しくいただきましょう。

精霊馬や盆とうろう(もなかの皮)などはお炊き上げしたり、川に流したりして供養していましたが最近の住宅事情などによりむずかしくなっていますので、最後に手を合わせ、塩をふりかけて供養した後、家庭ゴミとして処分すると良いでしょう。

盆提灯は、毎年飾りますので、火袋をはたき、部品をきれいにふいて箱に入れ保管します。防虫剤を一緒に入れると安心です。

新盆で白い提灯を飾った場合は、送り火で燃やしたり、菩提寺に持って行って処分してもらうと良いですが、形だけのお炊き上げとして、火袋を少し燃やして鎮火をした後新聞紙などに包んでゴミとして処分する方法もあります。

陶器の水差し・水次・コップは洗って十分に乾燥をしてからしまいます。乾燥が不充分だと、つつみ紙がぬれたりしてカビる場合もあります。

仏具は、故人の供養のために用意するものなので、供養の意味をこめて、心を込めて扱うと良いでしょう。

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

供養のお話し~茶筅供養~

2020年11月23日

おはようございます。弘前の大湯石材店です。

先日【蟹供養】をお話しいていると、
秋の季節に【茶筅供養】も浮かびました。

抹茶を点てる時に必ず使う茶筅ですが、
消耗品なので秋頃供養をする習わしがあります。

それを終えるとそろそろ「炉開き」

そして新茶を振る舞う「口切りの茶事」

一つの供養の区切りが季節の区切りの様になっている茶道の秋。

物を大切に供養する事で気持ちの区切りにもなって良いですね(●^o^●)

カニ供養

2020年11月22日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

今年も各地で【蟹供養】が行われました。

蟹への感謝と豊漁を願うのと、
今年はコロナの影響で遠のいた客足の回復の願掛けも込められているそうです。

他にも人形供養や針供養、
名刺や印鑑の供養もございます(^-^)

身近なものに最後まで感謝の気持ちを持ちたいです。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る