お知らせ

お盆の時期

2019年7月12日

こんにちは。

青森県弘前市 おおゆ石材店のお墓のブログです。

 

今日はお盆の時期についての記事です。

 

日本では、7月にお盆を行う地域と

8月にお盆を行う地域があるってご存知ですか?

 

7月のお盆は新盆、8月のお盆は旧盆とよばれます。

 

全国的に主流なのは8月の旧盆ですが、

7月15日を中心として行われる新盆の地域もあります。

なぜこのような違いがあるのでしょうか。

 

それは、明治時代に行われた改暦が関係しています。

 

改暦は国際基準化を目的として行われました。

改暦に伴って日本の各行事は30日遅れとなり、

元々旧暦の7月15日に行われていたお盆は

8月17日に行われるようになりました。

 

 

現在、新盆が定着していて7月15日にお盆を行っているのは

多摩地区の一部を除く東京、函館、金沢の旧市内で、

新盆の7月15日を中心に様々なお祭りが行われるといいます。

 

基本的には7月15日ですが、前後の土日にずれることもあるとか。

 

 

8月にお盆を行う地域は、

新盆と変わり盆(旧暦の7月15日にお盆を行う地域など)を除く

ほぼ全国といわれています。

 

旧盆の地域のほとんどでは8月15日が中心として考えられ

13日から16日までの4日間にお盆の催しや風習が行われます。

 

どうして時期がずれたまま風習が定着したか、

理由は諸説あると言われていますが

農業のさかんな地方では、7月は農繁期となるため

お盆を1か月遅らせたのでは、という説があります。

 

 

ちなみに、新盆と旧盆で内容にさほど違いはないといいます。

新盆・旧盆の違いより、地域ごとの文化の違いを調べてみるのも

面白いかもしれませんね。

 

 

青森でもお盆まであと約1か月となりました。

徐々にお盆の準備を進めていきたいものです。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

新!看板きました!!

2020年9月22日

こんばんは。弘前の大湯石材店です。

今日新しい看板が設置されました(^O^)

楽しそうな岩木山が描かれています!(楽しそうな?カエルもおります!!)

実は当店の墓石展示場からも岩木山が良くみえます。

 

 

 

 

 

天気が良ければはっきり見えます(-_-;)   …ホントです。。

 

 

 

鶴田町妙堂崎 和洋型墓石 灰御影

2020年9月21日

こんにちわ、大湯石材店の花田です。

春もそれなりにですが、秋はやはり花粉が舞うもの。

お彼岸に墓参りに行かれた時、石の表面に白やら黄色やらの粉のような物が付着することが良くあります。

それ自体が石に対して特に悪さをするわけではありませんが、花粉症持ちの方はお気を付け下さい。

―♪―

さて今回は鶴田町妙堂崎に建立された和洋型墓石のご紹介です。

使用石種は灰色の御影石。

和洋型のお墓なので本体の横幅が広く、全体的にもゆとりのあるデザインとなっています。

外柵部分を板石でタイル張りにしているので、雑草対策もばっちりですね。

また、墓石周りをコンクリートでタタキにしているので、実際の大きさ以上に足場周りも広々としています。

複数人で供養に来られても、ゆったりと拝んでいただける仕上がりとなっています。

―♪―

当社展示場では伝統的なものから最新デザインまで、様々なお墓を見ることができます。

ちょっとでも興味がおありなら、いつでも大湯石材店までお越しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る