お知らせ

お盆の時期

2019年7月12日

こんにちは。

青森県弘前市 おおゆ石材店のお墓のブログです。

 

今日はお盆の時期についての記事です。

 

日本では、7月にお盆を行う地域と

8月にお盆を行う地域があるってご存知ですか?

 

7月のお盆は新盆、8月のお盆は旧盆とよばれます。

 

全国的に主流なのは8月の旧盆ですが、

7月15日を中心として行われる新盆の地域もあります。

なぜこのような違いがあるのでしょうか。

 

それは、明治時代に行われた改暦が関係しています。

 

改暦は国際基準化を目的として行われました。

改暦に伴って日本の各行事は30日遅れとなり、

元々旧暦の7月15日に行われていたお盆は

8月17日に行われるようになりました。

 

 

現在、新盆が定着していて7月15日にお盆を行っているのは

多摩地区の一部を除く東京、函館、金沢の旧市内で、

新盆の7月15日を中心に様々なお祭りが行われるといいます。

 

基本的には7月15日ですが、前後の土日にずれることもあるとか。

 

 

8月にお盆を行う地域は、

新盆と変わり盆(旧暦の7月15日にお盆を行う地域など)を除く

ほぼ全国といわれています。

 

旧盆の地域のほとんどでは8月15日が中心として考えられ

13日から16日までの4日間にお盆の催しや風習が行われます。

 

どうして時期がずれたまま風習が定着したか、

理由は諸説あると言われていますが

農業のさかんな地方では、7月は農繁期となるため

お盆を1か月遅らせたのでは、という説があります。

 

 

ちなみに、新盆と旧盆で内容にさほど違いはないといいます。

新盆・旧盆の違いより、地域ごとの文化の違いを調べてみるのも

面白いかもしれませんね。

 

 

青森でもお盆まであと約1か月となりました。

徐々にお盆の準備を進めていきたいものです。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

清野袋墓地 和型墓石 桜御影石

2021年3月1日

こんにちは。青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日から3月に入りました。

弘前にはまだ雪が残っていますが、

心なしか春っぽい風が吹いていて気持ちがいいですね。

 

さて、今日は弘前市の清野袋の墓地に建立したお墓を

ご紹介いたします。

伝統的な、落ち着いた和型の墓石です。

 

角の丸みと桜色の石が

柔らかく、優しい雰囲気を思わせます。

 

屋根・ガラス扉付きの香呂は

雨風に強く、

お墓参りのときにローソクの火が消えたり、

線香の灰が風で飛び散ってお墓を汚すのを防ぎます。

 

冬は雪が積もっている間にローソク立などが壊れるのを防ぎ、

夏は香呂内にハチが巣を作るのを防ぐ役割があります。

 

お墓作りの際は、扉・屋根付きの香呂がおすすめです。

 

お墓のことなら、ぜひ大湯石材店へご相談ください。

今日もみなさまのご来店、お待ちしております♪

弘前市 梅林寺 灰御影石 洋型墓石

2021年2月25日

こんにちは、青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日は、弘前市 梅林寺の境内墓地に建立した

I家様のお墓をご紹介します。

どっしりと重厚感のある、落ち着いたデザインの洋型墓石です。

 

人気オプションのベンチが取り付けられています。

 

ベンチの向かい側にあるのは

あとから亡くなった方をお墓に納める際に

お名前を刻む「墓誌」です。

 

拝むスペースが広めにとられており、

左側のベンチに腰掛け、墓誌に刻まれた歴史を見ながら

故人やご先祖様と語り合うようにゆったりとお墓参りができます。

 

また、香呂と花立がスキマなく一体型になっていることで

間に汚れやゴミ、枯れた葉や花びらなどが溜まらず

そうじが簡単にできます。

 

お墓のことでお困りごとがありましたら

いつでもご相談くださいませ(*^^)v♥

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る