お知らせ

お墓の文字

2020年3月7日

こんにちは(^ω^) 大湯石材店のブログです。

今日の朝は、久しぶりに少し雪が積もりました。皆さんの地域はどうでしょうか?

 

さて、今日はお墓の文字です。今年は雪が少ない為、春彼岸のお参りがし易いと思います。

合わせて、これからお墓を建立される方も工事が早く始まる事と思います。

そこで、お墓にはどういう文字を刻めば良いのか、悩まれることでしょう。

石材店の方がアドバイスされると思いますが、少しでも知恵を付けて、訊ねるほうが良いと思い文字について書きます。

 

お墓の文字は、古くは経文や梵字だけだったものが、戦国時代に武士が戒名や法名を刻むようになり江戸末期には、庶民にも一般化しして、俗名や本名が刻まれるようになりました。

現在ではお墓正面には家名が刻まれることがおおくなりましたが、故人または家族が帰依しているお寺や神社他の宗派により、梵字やお題目を刻んでいます。それについては、住職や神主等に訊ねるとよいと思います。

 

宗派に捉われる事無く刻む場合は、○○家とか、○○家先祖代々之墓とか、または、最近では文字や言葉を刻む場合もあります。

例えば、愛・和・心・偲・絆・旅路・感謝・ありがとう・またきてね等様々です。

 

故人や遺族の思いをそのまま文字に表して刻む事も良いと思います。

他には、やはりバランスえお考えて刻む方が良いと思います。

沢山アドバイスを頂きながら、納得する文字を刻んで下さい。

それでは、皆さんまたの機会に!!!!!!!!

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓参りをして

2020年3月28日

こんにちは、弘前市石川の大湯石材店のブログです。

お彼岸にお墓参りをし、お墓の不具合を見つけてご相談をする方が多くありました。

お墓は長年、受け続ける雨や風などの自然災害によりヒビや亀裂・ズレや傾きなどの影響を受けます。はじめは小さなことでも大きな亀裂や倒れることにつながる場合も考えられます。早めに対応することをおススメします。

・お墓の継ぎ目がボロボロになっている
・お墓が右側にズレている
・お墓が傾いている
・花立カップがとれた
・香炉を新しくしたい

などなど、大湯石材店はお墓のお直しやリフォームもきちんと対応致します。

まずは、ご相談ください!

ご相談・お見積りは無料です!

お気軽にお問い合わせください!

 

 

 

お彼岸のお墓参り

2020年3月22日

こんにちは 弘前市 おおゆ石材店のブログです。

お彼岸の期間中ですが、お墓参りした方も多いかと思います。

わたしは20日にお墓参りをしました。今年は墓地にも雪が無く、雪かきの作業しなくて良かったですね。

お彼岸の期間は「春分の日」今年は20日の前後3日間を合わせた7日間です。

仏教では「六波羅蜜」布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧

の教えがあり、お彼岸の期間はご先祖様に感謝するとともに、生活の中では正しい行いを心掛ける期間とされています。

本来は、毎日心掛ける行いですがなかなかできないので、せめてお彼岸の期間は心掛けましょうということのようです。

このような意味を知って、お墓参りをしてみてはいかがでしょう。

お墓参りに行った際は

お墓に異常がないかどうかも確認してみましょう。

汚れ・キズ・ひび・欠け・傾き・目地のはがれ・花立やロウソク立ての不具合 など

なにか気になることがありましたら、大湯石材店にご相談ください。

大切な人のお墓ですからきれいに保つと、ご先祖様も、自分も、気持ち良くなります。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る