お知らせ

お地蔵様

2019年7月1日

こんにちは。

夜中から朝にかけての雨もあがって、ほんのり青空もみえていますが、雨雲は居座っている様子です。

空調や着る物を工夫して、風邪などひかないように注意したいですね。

 

さて。

今回はお地蔵様について少し。

お地蔵様の正式な名前は「地蔵菩薩」ですが、だいたいはお地蔵さん、お地蔵様と呼んでいるのが一般的です。

容姿は袈裟を着た僧侶やこどもの姿で、宝珠・錫杖・蓮華を持っていたり印相をとっていたりします。

お地蔵様は六道(仏教においての六つの世界である地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)を渡り歩いて衆生を救う菩薩さまで、とても慈悲深く、最弱者の最強の味方という考えが強いようで、日本では特に子供を守護するとして信仰されています。

また、斎場・葬儀場・墓地等の近くや、路傍や市町村の境界線に祀られることが多いのは、民間信仰から道祖神との結びつきが強かったため、他界へ旅立つ死者や旅人の道中の守護として考えられたためのようです。

 

どんな形でも像が祀られるのは先人の幸せへの願いから。

見知らぬ地であっても、お地蔵様を見かけたら手を合わせてみるのはいかがでしょう(‘ω’)ノ

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓参りの時期

2021年2月24日

こんにちは、弘前の大湯石材店です。

 

今日は、「お墓参りの時期は決まっているの?」というテーマで

みなさんと情報を共有していきたいと思います。

 

結論からいうと、

お墓参りの時期というのは特に決まっていません。

 

行きたいときにお墓参りに行って問題ないと追われています、

 

お墓参りに行く人が多い時期は、

お盆、お彼岸、命日、年末やお正月、人生の節目があったとき

とされています。

 

ただし、青森県のような雪国では

積雪により冬期間は閉鎖されている霊園もあるため

雪解け後の3月~11月頃までにお墓参りに行く場合が一般的です。

 

雨の日は避けた方がよい、と聞くことがあるかもしれません。

 

縁起の良し悪しというよりも

石は濡れると滑るので、

「足元に危険が少ない=足元が濡れていない日がよい」

ということだと思われます。

 

また、お参りに行くときに「六曜」を気にされる方もいらっしゃいます。

前回の記事で紹介しましたが、

仏事とは因果関係のないものなので、

大安や仏滅などは、気にしなくても大丈夫です。

 

ただ、気になる方は、

ご自身が気持ちよくお墓参りできる日付を選んで

お参りしてもよろしいかと思います。

 

では、今日はこの辺で失礼いたします。

ずいぶん冷えますので、お体にお気をつけて

よい日をお過ごしください。

御事始めと針供養

2021年2月8日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

本日は「御事初めの日」!
何かを始めるのに良い日です‼

元は農事の始めの日という行事でしたが、
今は各分野の会社でも用いられる事が多いです。
仕事始め・開店・種まき等、
新しい事を始めるに良い日とされます。

日を同じくして「針供養」が行われる日でもあります。

裁縫など家庭でも針仕事が多かった頃、
使えなくなった針を労い、
豆腐やコンニャク等の柔らかい物に刺して供養して、
裁縫の上達を祈願します。

何かを始める前に感謝をの気持ちも忘れないようにしたいですね。

 

……食べ物に感謝してダイエットをハジメタイデス。。。。

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る